アフィリエイトは副業として成功するの?メリット・稼ぐためのポイントもご紹介

最近、副業を認める会社が増えてきています。そんななか、副業の選択肢として注目を集めているのがアフィリエイトです。

しかし、どんなネットビジネスにもいえることですが、アフィリエイトは給料や時給などのように得られる成果がはっきりとしません。そのため、副業としてきちんと収入につなげられるか、不安や疑問を感じる方も多いようです。

そこで今回は、アフィリエイトを副業で始めるメリットやデメリット、成功するためのポイントを紹介します。

アフィリエイトを副業として成功させている方は約7割!

副業の候補にアフィリエイトを考えたとき、多くの方がまずぶつかる疑問は副業として成り立つかどうか、かもしれません。インターネットにあふれるアフィリエイトの成功談も失敗談が、実態をみえにくくしているのも原因のひとつでしょう。

そこでご紹介したいのが、NPO法人アフィリエイトマーケティング協会が2020年におこなったアンケートです。アンケートによると、アフィリエイターで収入を得ている人の割合は約7割で、そのうち3割ほどは月1万円以上を稼いでいることがわかっています。

月50万円以上を稼ぐ人も10%ほどいて報酬には個人差があるものの、副業としてじゅうぶんな報酬を獲得している人はけっして少なくないのです。

アフィリエイトは成果報酬型のインターネットビジネスです。誰でも同じ条件で平等に稼ぐチャンスを与えられています。成功率は約70%ですから、アフィリエイトに興味をお持ちなら思いきってチャレンジしてみるのもいいですね。

(※1)出典:「アフィリエイト・プログラムに関する意識調査 2020」

アフィリエイトを副業にするメリット

アフィリエイトは成果報酬型のネット広告です。ホームページやブログといった媒体を訪れた読者(ユーザー)が、ページに貼った広告から商品購入やサービス契約につながると、報酬がもらえます。

一般的に、広告主と媒体の運営者(アフィリエイター)を、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)がつなぐ仕組みとなっています。

このように、シンプルでわかりやすい仕組みもアフィリエイトの魅力のひとつですが、ほかにもさまざまなメリットを持っています。アフィリエイトのメリットについて、以下で詳しくみていきましょう。

特別な準備がいらない

副業をしようと思ったとき、たとえば新しい機材を購入したり人を雇ったりといった準備が必要な場合、始めるまでのハードルは高くなります。また、準備にかける費用が多ければ多いほど、リスクも大きくなります。

しかし、アフィリエイトはネット環境さえあれば始められるので、特別な準備がいりません。この気軽さこそ、アフィリエイトの大きなメリットといえるでしょう。

たとえば、ネット広告の素材を提供するASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)は、ほとんどが無料で利用できます。さらに無料ブログサービスを使えば初期費用も一切不要です。

ただし、自身でホームページを作るときには、レンタルサーバーやドメインを利用しなければなりません。この場合は多少のランニングコストがかかります。

時間対効果が高い

アフィリエイトは時間対効果が高いとされるビジネスだといわれます。

アフィリエイトマーケティング協会のアンケート結果(※1)によれば、アフィリエイターの約半分(47.8%)は1日1時間未満しか作業しておらず、さらにその半分(23.5%)は30分未満となっています。

たった30分ほどの作業時間で本当に稼げるのかが気になるところですが、同じアンケートに回答したアフィリエイターのおよそ7割(68.4%)はなんらかの報酬を得ていると回答しています。

短時間でも稼げるのは、アフィリエイトのメリットであるのはもちろん、大きな特徴ともいえるでしょう。

(※1)出典:「アフィリエイト・プログラムに関する意識調査 2020」

◆SNSやメールを使えばより簡単にアフィリエイトを始められる!

アフィリエイトでは、文章や画像を使って広告内容を詳しく伝えやすいホームページやブログを使うのが主流です。

しかし最近は、大手企業を中心に、SNSやメールなどを使ったさらに気軽なアフィリエイトサービスも登場しています。「ドコモ アフィリエイト」はその代表格で、TwitterやFacebook、Instagram、LINEといったSNS、メールやSMSを使うことができます。

SNSやメールといった媒体を使ったアフィリエイトなら、ホームページやブログのように長文を書く必要はありません。アフィリエイトにかける時間をぐんと減らせるので、時間対効果をさらに高められることが期待されます。

本業の知識が役立つことも

アフィリエイトで運営するサイトのジャンルを本業に関わるものにすれば、本業の知識を役立てることができます。

サイトのコンテンツを充実させやすいので、成果をあげやすいでしょう。また、自分がよく知る内容であれば、リサーチなどに手間をかけなくてもいいので、作業がスムーズになり、副業のモチベーション維持にも役立ちます。

一方で、本業とは異なるジャンルを選べば、アフィリエイトを通じて新しい知識と出会えます。そうした知識が本業にプラスになるなど、副業でアフィリエイトを始めたからこそのシナジー効果を実感できるかもしれません。

アフィリエイトに向いている人、向いていない人

特別な準備がいらず、スキマ時間を使って気軽に始められるアフィリエイトは、副業にぴったりです。しかし、一般的なビジネスと同じように、人によって向き・不向きがあります。

第一に、アフィリエイトは「時間をかけて育てるもの」として、長期的な視点をもって継続できる方に向いているといえます。

アフィリエイトは、ネットに掲載した広告を通じて、読者(ユーザー)が購買や契約といった行動を起こさないと報酬を得られません。しかし、アフィリエイトを始めてもすぐにユーザーが殺到することはほとんどなく、成果をあげるまでにはそれなりの時間がかかります。

つまり、アフィリエイトは収入を得るまでに時間がかかりやすいという特徴があるのです。

報酬をあげるには、アフィリエイトサイトを訪れるユーザーを確実に増やしていくことが前提になります。そのため、アフィリエイトでは何よりも継続するための工夫、コツコツと取り組む努力が欠かせません。

また、コンテンツ制作にかける時間をじゅうぶんに取れない方は、アフィリエイトに向いているとはいえないでしょう。

報酬につながるコンテンツを作るには、ユーザーを意識し、興味を引くことが重要です。知識をただ並べるのではなく、実体験やオトクな情報を交えるなど充実した内容にするには、試行錯誤する時間が必要です。

仕事が多忙すぎる、没頭している趣味があるなど、アフィリエイトにかける時間がなかなか取れない場合、ユーザーがなかなか定着せず、アフィリエイトが副業として成り立たない可能性があります。

アフィリエイトを副業として成功させるポイント

アフィリエイトは副業として始めやすいなどさまざまなメリットがある一方で、安定した収入をあげるまでに時間がかかりやすく、モチベーションが下がりやすいというデメリットもあります。

そのため挫折してしまう方も多いですが、副業として大きな成果をあげている方がいるのも事実です。

そこで、ここからはアフィリエイトを副業として成功させるためのポイントを紹介します。

モチベーションの源を確保する

安定した収入をあげるのに時間がかかりやすいアフィリエイトは、始めてからしばらく「タダ働き」の状態になることが多く、モチベーションの維持に苦労される方も多いようです。

がんばっているつもりなのに、読者(ユーザー)が増えない、報酬につながらないとなれば、誰にとってもモチベーションを保つのはむずかしいことかもしれません。本業での収入があればなおさら継続への意欲は失せやすいでしょう。

しかし、アフィリエイトは続ければ続けるほど報酬をアップさせやすいビジネスです。アフィリエイトを成功させるには、自分のモチベーションをいかに保つかを意識してください。

コンテンツ制作を楽しめるように、好きなジャンルを選ぶのもおすすめです。ほか、自分が知りたいと日頃から思っている内容なら、身につけた知識を自分の生活にフィードバックできるメリットがあり、モチベーションにつながります。

一方で、ユーザーの訪問数や成果の達成率などの数値にとらわれすぎると、モチベーションを見失いやすいので注意が必要です。

モチベーションの源は、「アフィリエイトを副業として成功させる」という意欲がわくものでなければなりません。数値など外からの評価ではなく、自分自身の内なるやる気を引き出す源をぜひみつけてください。

負担をできるだけ減らす

先ほどお伝えしたとおり、アフィリエイトで収入を得るには長期的な視点が必要です。「タダ働き」の期間を乗り越えて、安定した収入を得られるまでコツコツと続けることが、副業として成功する最大のポイントになります。

そのためにも、まずは自分が続けやすい環境作りが大切です。

サイトの運営に自信がないなら無料ブログサービスを利用する、コンテンツ制作にはあらかじめテンプレートを考えておくなど、アフィリエイトにかかる時間や手間をできるだけ減らしてみてください。

もしホームページやブログの文章を書くのが負担なら、TwitterやInstagramといったSNSを利用したアフィリエイトサービスがおすすめです。

「ドコモ アフィリエイト」は、Twitter、Facebook、Instagram、LINEといったSNS、メールやSMSのほか、動画配信サービスのYouTubeにも対応するなど、幅広い媒体から自分にぴったりのものを選べます。

もちろん、ホームページやブログも利用可能なので、収入が安定してきたらブログを開設するなど、さらなる収益アップを狙うこともできます。

自身に合ったアフィリエイトプログラムを選ぶ

アフィリエイターと広告主をつなぐASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)ですが、どのASPを選ぶかによって扱える広告は大きく異なります。

自分が興味のある広告を扱っているかどうか、読者(ユーザー)数が期待できるかどうかなど、ASPの選び方はさまざまでしょう。しかし、どのASPを選ぶにしても、モチベーションや目標金額など、自身が大切にしたい点を重視するようにしてください。

たとえば「ドコモ アフィリエイト」は、NTTドコモの人気商品やサービスを取り扱うアフィリエイトサービスです。誰もが知る広告ばかりなので、興味をもって取り組みやすいでしょう。

また、7000万人を超えるdアカウント会員にダイレクトに広告を提供できるので、始めてすぐでもやりがいを感じられるはずです。

アフィリエイトを毎日の習慣にする

副業としてアフィリエイトを始める方は、作業時間がたっぷりと時間のとれる休日に偏りやすいとされています。しかし、休みの日まで副業にあてると余暇がなくなってしまい、疲れからモチベーションが低下してしまいます。

そこでおすすめなのが、アフィリエイトの習慣化です。ほんのわずかな時間でもいいので、アフィリエイトに触れることを毎日の習慣にしましょう。少しずつでもムリのない範囲で続けることが、結果として成果につながります。

さらに取り入れたいのが、毎日の活動を「見える化」することです。

たとえば「ドコモ アフィリエイト」なら、自分のアフィリエイトの活動を「パフォーマンスレポート」でいつでも確認できます。毎日の取り組みがどのような成果を上げているかを把握したり、日々の経過をチェックしたりできるので、続ける意欲につながります。

副業アフィリエイトの具体例

毎日の習慣化は、副業としてアフィリエイトを成功させるポイントのひとつです。そこで、副業としてアフィリエイトに取り組む場合の具体的なスケジュールについてご紹介します。

たとえば会社員であれば、会社への通勤時間や昼休みなどの休憩時間などのスキマ時間を活用しましょう。それぞれで使える時間は10分や15分と短くても、1日あたりにすれば30~40分ほどの作業時間は確保できるでしょう。

また、こうした日中の作業時間はコンテンツ制作のリサーチにあてて、帰宅後は記事の執筆に専念します。書くことさえ決まっていれば、執筆にはそれほど時間はかからないはずです。

このスケジュールに慣れれば、1日1本のペースで記事を増やすことができます。

ただし、大幅なサイトの改修や記事テーマの選定、まとまった量のリサーチなど、通常と異なる作業はスキマ時間に分業すると効率が悪くなることも考えられます。イレギュラーな作業はゆとりをもって取り組める土日や休日にするのがおすすめです。

アフィリエイトなら副業を気軽に始められる!

アフィリエイトは、始めるときに特別な準備やお金が必要なく、誰でも簡単に始められるため、副業としておすすめのネットビジネスです。

とはいえ、アフィリエイトは報酬をあげるまでにそれなりの時間がかかるなどデメリットもあるので、副業として成功させるには長期的視点が欠かせません。コツコツと長く継続するための環境を整えるようにしましょう。

アフィリエイトを長く続けるには、本業があることを考えても、手間や負担をどこまで減らせるかがポイントとなります。

たとえばホームページやブログの文章を書くのが苦手なら、「ドコモ アフィリエイト」のようにTwitterやInstagramなどのSNS、メールなどに対応したサービスを利用する方法もあります。短文のメッセージだけでOKなら、スキマ時間を有効活用できるはずです。

アフィリエイトを副業にするかどうか悩んだら、まずは「ドコモ アフィリエイト」が提供するような、SNSで始められるアフィリエイトサービスを検討してみてはいかがでしょうか。

※情報は2021年9月時点のものとなります。

パートナー新規登録はこちら 

※スマートフォンをご利用の方は こちら をご覧ください
※参加にはdアカウントが必要です
※dアカウントをお持ちでない方は こちら から