アフィリエイトとは?初心者が知っておきたい基本や仕組みを解説!

アフィリエイトは成果報酬型と呼ばれるインターネットを利用した広告宣伝手法であり、広告を通じて商品の購入やサービスの契約が行われると、サイトを運営する個人が報酬を得られるようになっています。

資金や手間をかけることなく誰でも手軽に始められるアフィリエイトですが、実際に始めたいと思っても、どう始めればいいのか、どうすれば稼げるのか、不安を感じる方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、アフィリエイトの概要をわかりやすく解説。初心者でもわかるアフィリエイトの始め方、気になる疑問もあわせて紹介していきます。

アフィリエイトの基礎知識

アフィリエイトは成果報酬型の広告と呼ばれ、誰もが気軽に始められる副業として注目を集めています。しかし、なぜ専門的な知識を持たない個人が、インターネットを使った広告事業という分野で収入を得られるのでしょうか。

まずアフィリエイトの基礎知識として理解しておきたいのが、報酬が生まれる仕組みです。

アフィリエイトは、広告主(企業)、広告を掲載するサイト、広告主とサイトをつなぐアフィリエイト・サービス・プロバイダ(ASP)、サイトの読者(ユーザー)、この4者の存在によって成立しています。

ちなみにASPとは、広告主から広告素材の提供を受けて、サイト運営者へのシステム提供や、発生した報酬の支払い代行といった役割を担う業者のことです。通常、アフィリエイト用の広告は、広告主ではなく、ASPから提供されることになっています。

アフィリエイトの始め方

アフィリエイトの仕組みがわかったら、さっそくアフィリエイトを始めてみましょう。ここでは初心者でもわかりやすいように、シンプルに4ステップでアフィリエイトの始め方を紹介します。

ステップ①広告を掲載するネット媒体を準備する

アフィリエイトを始めるには、広告を掲載するホームページやブログを準備する必要があります。サイトを立ち上げると聞くとむずかしく感じるかもしれませんが、無料ブログサービスを利用すれば、初心者でもスムーズに準備できるでしょう。

さらに最近は、ホームページやブログだけではなく、SNSアカウントやメールといった、より身近なインターネットツールを使ったアフィリエイトプログラムが注目を集めています。

2020年にスタートした「ドコモ アフィリエイト」は、普段使っているTwitterやLINE、メールが使える最先端のアフィリエイトプログラムです。ホームページやブログを立ち上げなくても、普段使っているSNSアカウントを利用してアフィリエイトを始められるため、アフィリエイト初心者でも気軽に始められるサービスのひとつといえるでしょう。

ステップ②アフィリエイト・サービス・プロバイダ(ASP)に登録する

広告を掲載するネット媒体が決まったら、次にASP を選んでアフィリエイトプログラムに登録します。

ひと口にASPといっても、掲載できる広告主の数や業種、報酬の単価など、ASPごとに特徴や違いがあります。いくつかASPをピックアップしてプログラムの内容を比較して、事前にしっかり検討しましょう。

ASPの登録に必要なのは、氏名や住所といった登録者の基本情報、メールアドレス、広告を掲載するサイトのURL、報酬が発生したときの支払い先口座情報などが一般的です。

ちなみに「ドコモ アフィリエイト」はNTTドコモが直接運営するアフィリエイトプログラムであるほか、「dアカウント」と基本情報のみで登録できるので、登録時の手間を大きく軽減できるというメリットを持っています。

ステップ③掲載する広告を選び、キャンペーン審査を受ける

アフィリエイト・サービス・プロバイダ(ASP)への登録が完了したら、いよいよサイトに掲載する広告を選びます。

ただし、広告を選んだからといってすぐにサイトに掲載できるとは限りません。サイトに広告を載せるためには、アフィリエイトプログラム独自の広告コードを取得するのが一般的ですが、コードを受け取るには審査を通過する必要があるのです。

審査にかかる時間はASP(あるいは広告主)によってさまざまですが、即日~1週間のうちに審査を通過できるケースがほとんどのようです。たとえば、ドコモ アフィリエイトではキャンペーン審査におおむね1週間程度の時間が必要であるとしています。

ステップ④広告を設置し、成果に応じた報酬を受け取る

アフィリエイト・サービス・プロバイダ(ASP)の審査を通過して広告コードを取得したら、その広告コードをサイトに貼りつければ準備完了です。以上のステップで広告掲載をスタートできます。

あとはサイトを訪れた読者(ユーザー)が、サイト内の広告を通じて商品購入やサービス契約をするのを待つだけです。

成果報酬は、ASPによって、あらかじめ決められた期日に登録した銀行口座へ振り込まれます。「ドコモ アフィリエイト」の場合、サービスにより異なりますが原則毎月20日を締め日とし、翌々月の5日前後の支払いとなっています。

アフィリエイトに関する疑問

インターネットを利用できる方なら、誰でも簡単に始められるアフィリエイト。ネット上で完結する取引ということもあって、そのシステムや内容についてわかりにくさを感じている方も多いのではないでしょうか。

そこで、ここからは「アフィリエイトを始めるにあたって、初心者がぶつかりやすい3つの疑問」にお答えしていきます。

疑問①アフィリエイトはどのぐらい稼げるの?

「アフィリエイトで左うちわ」という情報も、ネットには少なくありません。けれど、実際のところ、アフィリエイトはどのくらい稼げるものなのでしょうか。

アフィリエイトマーケティング協会の調査(※1)によると、2020年度時点、アフィリエイター(アフィリエイトをしている人)の約60%が月の収入が0~5,000円未満であると回答しています。この結果だけをみると、アフィリエイトでお金を稼ぐのはむずかしいという印象を持たれるかもしれません。

しかし一方で、月1~5万円を稼ぐ人が11.1%、月20万円以上稼ぐ人も14.5%おり、月100万円を超える人も6.5%存在します。

アフィリエイトを収益化するには、広告を掲載するサイトへの注目度を高めることが不可欠です。始めたばかりのサイトに読者(ユーザー)が殺到するということは、あまり考えられません。つまり、アフィリエイトで稼ぐには、ある程度長期的な計画が必要なのです。

実際、先ほどの調査では、昨年から収入が増えた、あるいは変わらないとする人が約8割います。このことからも、アフィリエイトは続けるほどに収益が安定していくことがわかります。

(※1)出典:「アフィリエイト・プログラムに関する意識調査 2020」

疑問②アフィリエイトの収入は確定申告に関係する?

アフィリエイトで得た報酬も、給与と同じように収入とみなされます。そのため、報酬が発生すれば、原則として確定申告をする必要が出てきます。

ただし、以下のように確定申告が不要なケースもあります。

まず「年間の給与収入が2000万円以下の会社員で、なおかつアフィリエイトによる報酬を含めた副業収入が20万円以下の場合」です。

給与以外の収入合計が20万円以下の場合は確定申告が不要であることに加え、給与が2000万円を超えなければ会社の年末調整によって所得税の申告が終わるため、こちらに当てはまる方は確定申告をおこなう必要がありません。

次に「給与やアフィリエイトなどの1年での収入合計が48万円以下の場合」です。

確定申告では、収入から各種控除を差し引いて求められる所得金額で課税額を決めます。控除にもさまざまな種類がありますが、すべての人に一律で適用される基礎控除が48万円であるため、収入合計が48万円以下だと所得金額がゼロとなり、確定申告が不要となるのです。

疑問③アフィリエイトを始めるにはブログが必要?

ASPが提供するアフィリエイトプログラムのほとんどは、ホームページやブログへの掲載が前提です。

しかし、ホームページやブログは管理に手間がかかるといったデメリットを感じる人も多いことから、最近、広告を掲載できるネット媒体の選択肢が増えてきています。

「ドコモ アフィリエイト」は、TwitterやLINEなどのSNSやYouTube など普段から使うネットサービス、メールやSMSでも広告を紹介できます。たとえばLINEの場合、いつものメッセージに商品コメントと広告リンクURLをあわせて送信するだけです。

設立や管理の手間もかからず、思いついたときに情報・広告を発信できるので、すきま時間を使った気軽なおこづかい稼ぎにぴったりだと言えるでしょう。

アフィリエイトは気軽に始められる副業のひとつ

本記事では、アフィリエイトの基礎知識や報酬が生まれる仕組みについて説明してきました。インターネット上のビジネスでありながら、専門的な知識はいらないとあって、初心者でも気軽に始められることがおわかりいただけたと思います。

今はホームページやブログ以外にも「ドコモ アフィリエイト」のようにTwitterやLINE、メールといったスマートフォンでおなじみのツールを使ったアフィリエイトプログラムも増えていて、アフィリエイトはますます身近になっています。

ブログサイトの開設にハードルを感じられている方は、まずはSNSを使ったアフィリエイトから始めてみてはいかがでしょうか。

※情報は2021年3月時点のものとなります。

パートナー新規登録はこちら 

※スマートフォンをご利用の方はこちらをご覧ください
※参加にはdアカウントが必要です
※dアカウントをお持ちでない方はこちらから