アフィリエイトの「コツ」をご紹介!PV数や成果を伸ばすポイントとは?

気軽に稼げる方法として、アフィリエイトを始める方が増えています。ところがいざ始めてみたものの、なかなか成果を出せない、原因もわからない…と、途方にくれる方も多いようです。

その一方で、アフィリエイトで毎月しっかり稼いでいる方もたくさんいます。この違いはいったいどこにあるのでしょうか。

この記事では、アフィリエイトで成果を出して報酬を得るために、知っておきたいコツをわかりやすく紹介していきます。

アフィリエイトは長期的な視点を持つことが大切

アフィリエイトは、成果報酬型のネット広告のことです。ブログなどのネット媒体に貼った広告を通じて、読者(ユーザー)が商品を購入したりサービスを契約したりすると、媒体の運営者(アフィリエイター)に報酬が支払われます。

このように、アフィリエイトで稼ぐ仕組みはとてもシンプルなものですが、実際に報酬を得るまでには長期的な視点を持つことが大切だといわれます。

アフィリエイトにはどうして長期的な視点が必要なのか、まずはその理由についてお伝えします。

アフィリエイトで稼ぐにはPV数が必要

アフィリエイトで稼げるかどうかの目安のひとつがPV数です。PVとは「ページビュー(Page View)」の略で、読者(ユーザー)がブログなどのページを閲覧した回数のことを表します。

アフィリエイトは、広告で成果をあげて初めて報酬を得られる仕組みです。成果をあげる機会を増やすためにも、ブログなどの媒体に訪れるユーザー(=PV数)を増やすことが大切です。

しかし、芸能人や有名人ならまだしも、開設したばかりの個人のホームページやブログは無名の存在です。いきなりたくさんのユーザーが殺到することはほぼありえません。

つまり、アフィリエイトで報酬を得るまでには、まず媒体の知名度をあげてPV数をアップさせるための時間が必要なのです。

◆アフィリエイトは長く続けるほど稼げる?

アフィリエイトで稼げるようになるには、ある程度の時間が必要だとお伝えしましたが、実際に、長く続けるほど稼げることを示すデータも出ています。

アフィリエイトマーケティング協会がおこなったアフィリエイターに対するアンケート(※1)によると、2020年度、1か月に5万円以上を稼ぐアフィリエイターの割合は全体の22.6%となっています。

この割合は、始めてからの経過年数が5年以上のアフィリエイターの割合、22.2%とほぼ一致しています。

さらにこのアンケートでは、2020年時点でアフィリエイト歴が1年未満の人は38.2%となっています。1か月の報酬が5万円未満と答えた77.4%のうち、31.6%が無収入だという結果を考えれば、短期間で安定して稼ぐのは大変だということが想像できますね。

(※1)出典:「アフィリエイト・プログラムに関する意識調査 2020」

SEO対策も長期的な計画が大切

アフィリエイトで必須とされるSEO対策においても、長期的な視点が大切とされています。

SEOは「検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)」のことで、検索結果の上位に表示されるように工夫することをSEO対策と呼びます。PV数をアップしてアフィリエイトの成果をあげるためにも、SEO対策はけっして無視できません。

SEO対策は、「①検索される回数の多いKWを使う」、「②検索される回数の少ないKWを使う」、の2つに大別されます。

①の場合、検索される機会が多い分、上位表示されるとPV数が急上昇するなど、大きな成果を期待できます。しかし、ライバルが多く競争率が高いため、開設したばかりのサイトが上位に表示されるのは難しい傾向にあります。

②の場合、検索される機会は①よりもかなり少なくなります。しかし、ライバルが少ないので、上位表示につながりやすく、①よりPV数をあげられる可能性が高まります。

②のように、検索がされることが少ないニッチなKWを多数取り上げて成果を狙うことを、「ロングテールSEO」といいます。一つひとつの検索回数が少ないKWをターゲットにしたコンテンツ数を増やし、長いしっぽのように、コツコツとPV数を稼ぐことを指します。

それなりの時間はかかりますが、ロングテールを意識すると、検索回数の多いKWを狙うよりも結果として大きな成果をあげられることがよくあります。

アフィリエイトを続ける5つのコツ

始めたからといってすぐに報酬を得られることはほとんどないけれど、続ければ続けるほど報酬をあげやすい、それがアフィリエイトです。

アフィリエイトで稼ぐには、ブログなどの媒体を長く続けて、読者(ユーザー)を増やさなければなりません。しかし、コンテンツ制作はなかなか手間がかかります。

とくに報酬がほとんどないうちは、コンテンツ作りのモチベーションが下がり、アフィリエイトを断念してしまうこともよくあるようです。

そこで、アフィリエイトを長く続けていくために、知っておきたい5つのコツを紹介します。

①コンテンツの「中身」に時間をかける
②自分の得意なジャンルを選ぶ
③文字数に頼らない媒体を利用する
④達成可能な目標を設定する
⑤アフィリエイトを毎日の習慣にする

それぞれについて、詳しくみていきましょう。

①コンテンツの「中身」に時間をかける

アフィリエイトで報酬をあげるには、ユーザーをひきつけられるようにコンテンツを充実させることが必要になります。魅力的なコンテンツを増やすには、どうしても時間や手間がかかるものです。誰でも負担のかかることを続けるのは難しいことですよね。

アフィリエイトを長く続けたいなら、なによりもコンテンツ制作の負担を減らすことが重要です。

記事の構成でテンプレートを考えておく、広告を配置する位置を決めておく、リサーチ用のサイトや資料をストックしておくなど、コンテンツの「中身」に時間をかけられる体制を整えておくと、制作にかかる負担を減らすことができます。

②自分の得意なジャンルを選ぶ

アフィリエイトは、広告主とアフィリエイターをつなぐASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)、広告内容などによって単価が異なります。

1回の成果でもより多くの報酬を得られることを考えれば、単価の高いアフィリエイトはメリットが大きく感じられます。しかし、単価だけで選んでしまうと、広告にまつわる知識が少なく、コンテンツ制作に苦労することも考えられます。

たとえ単価が低くても、自身の得意ジャンル、興味のあるジャンルを選んでおけば、コンテンツ制作を進めやすく、モチベーションの維持にもつながります。

ジャンル選びに悩んだら、「ドコモ アフィリエイト」がおすすめです。NTTドコモの身近なサービス、人気サービスを扱えるので、自身に興味のあるサービスもきっとみつかります。コンテンツを作るときもスムーズに進められるでしょう。

③文字数に頼らない媒体を利用する

ブログやホームページといった媒体は、文章や画像を使って広告の内容をアピールしやすいため、アフィリエイトではメジャーな存在です。

しかし、文章を書くのが苦手な方、忙しくて長文を書く時間をとるのがむずかしい方にとっては、コンテンツを更新し続けるのが大変で、モチベーションが保ちにくい媒体ともいえます。

そこで注目していただきたいのが、文字数に頼らない媒体を利用することです。最近はTwitterなどのSNS、メールなどを使った短文OKのアフィリエイトサービスが注目されています。

たとえば「ドコモ アフィリエイト」でも、ブログやホームページのほか、Twitter、Facebook、Instagram、LINEといったSNS、メールやSMSを使ったアフィリエイトサービスを展開しています。

長文の必要がないので、時間をかけずスキマ時間を活用できるのも、こうしたサービスのうれしいところです。

④達成可能な目標を設定する

仕事や勉強、趣味など、何をするにしても目標があれば続ける意欲がわいてくるものです。アフィリエイトを始めるときにも、自分なりの目標を設定してみてください。

アフィリエイトはお金を稼ぐために始めるものなので、具体的な報酬金額を目標にする方が多いかもしれません。しかし、報酬を得るのに時間がかかるアフィリエイトの場合、お金を目標にすると達成までに時間がかかり、意欲が続きにくくなる可能性があります。

お金を目標にするのもいいですが、ほかにも、たとえば1か月のPV数など、短期間で達成できる「小さな目標」を更新し続けるといいでしょう。

目標の管理には「ドコモ アフィリエイト」のように、データビューをはじめ、さまざまなデータを簡単にチェックできるアフィリエイトサービスが便利です。グラフや数値で目標達成をひと目で確認できるので、アフィリエイトをつづける意欲につながります。

⑤アフィリエイトを毎日の習慣にする

副業としてアフィリエイトを始める方のなかには、土日など休日のまとまった時間をコンテンツ制作にあてるケースが多いようです。

しかし、せっかくの休日を副業で埋めてしまうと、体には大きな負担がかかります。ワークライフバランスを保てず、疲れがとれない、ストレスがたまるなど、さまざまな理由からアフィリエイトを続けられなくなることもありえます。

長く続けていきたいなら、ぜひ取り入れたいのがアフィリエイトを毎日の習慣にすることです。たとえ3分でもかまいません。毎日できる範囲で関わるようにすれば、アフィリエイトを生活の一部にすることができるでしょう。

とくに「ドコモ アフィリエイト」のように、SNSやメールなどを使ったアフィリエイトサービスなら、ちょっとした時間でもアフィリエイトにあてやすく、毎日の習慣化にぴったりです。

アフィリエイトで稼ぐ3つのコツ

長く続けているのに報酬がなかなかアップしないときには、アフィリエイトで稼ぐのに必要なコツを見逃している可能性があります。

アフィリエイトで成果をあげるためには、ぜひ押さえておきたい3つのコツがあります。

①アフィリエイトの「ターゲット数」を考慮する
②ヘビーユーザーを獲得する
③ユーザーのサイト滞在時間を増やす

それぞれ、紹介していきます。

①アフィリエイトの「ターゲット数」を考慮する

アフィリエイトは、サイトのテーマや選んだ広告などによってターゲット数が変動します。しっかり稼ぎたいなら、あらかじめ多くの購入者、あるいは利用者が見込まれる広告を選んでおくことが大切です。

また、どれだけPV数が増えても、サイトテーマに関連しない広告を掲載していては、大きなリターンは得られません。

ASPごとに広告主や広告内容はさまざまですが、ASPを選ぶときにはサイトテーマなどを通じた「広告のターゲット層」をあらかじめ想定しておきましょう。

ASP選びに悩んだら、大手企業のアフィリエイトサービスを利用してみてください。たとえば「ドコモ アフィリエイト」でターゲットとなるのは、7000万人超の「dアカウント」会員です。ターゲット層が幅広くサイトのテーマにもフィットしやすいので、大きな成果も期待できるといえます。

②ヘビーユーザーを獲得する

PV数はそれなりに増えたのに成果につながりにくい場合、ヘビーユーザーの獲得を狙ったコンテンツ制作を意識してみてください。

ヘビーユーザーとは、内容や読みやすさなどから、何度もそのサイトを訪れるユーザーのことです。たまたま1度立ち寄るユーザーではなく、ヘビーユーザーを増やすことには大きな意味があります。

ヘビーユーザーは「このジャンルならこのサイト」とあなたのサイトを信頼しているからこそ、何度もサイトを訪れるのです。そんな信頼できるサイトの広告であれば、商品購入やサービス契約をしようと考えるのも当然ですよね。

信ぴょう性のある内容を心がける、UI(ユーザーインターフェイス)を整える(スマホやPCの画面の見栄えをよくする)など、サイトの充実がヘビーユーザーの獲得には必要です。

ほかにも、ユーザーのニーズや検索の目的を推測して、ネットの向こうにいるユーザー像を意識した媒体の運営も重要でしょう。

「ユーザー像を意識した媒体」を運営するコツとしては「ユーザー像をイメージしやすいアフィリエイトを使う」という考え方があります。たとえば、「ドコモ アフィリエイト」はNTTドコモの提供するサービスが対象のアフィリエイトサービスであり、対象とするユーザー像をつかみやすくなっています。

③ユーザーのサイト滞在時間を増やす

ユーザーのサイト滞在時間を増やすことも、報酬アップの機会につながります。

ある検索結果から訪れたページをみて、同じサイトの別ページに興味を持つことは珍しくありません。サイト内のさまざまなページをみてもらえば、それだけ多くのアフィリエイト広告を目にしてもらえます。

このように、サイトのなかをどれだけ見てもらえるかも成果に関係してくるのです。

サイト内に長く滞在してもらうためには、関連記事や人気記事への誘導リンクを貼る、PV数の高い記事を分析して似たコンテンツを増やすなどの方法が考えられます。

サイト内の滞在時間アップには、「ドコモ アフィリエイト」がアフィリエイターに提供するレポート分析などを活用しましょう。

アフィリエイトを成功させる最大のコツは長く続けること!

アフィリエイトは始めたからといって、すぐにお金になるわけではありません。しかし、長く続けるほど報酬がアップするというデータもあるので、コツをつかんで継続していくことが大切です。

効率よく成果につなげるためには、続けるコツだけではなく、稼げるコツも押さえておくといいでしょう。

最近は、より手軽に始められるSNSやメールを使ったアフィリエイトサービスもあり、ブログやホームページより負担がないと注目されています。

アフィリエイト初心者なら、知名度が高く人気サービスを対象とした「ドコモ アフィリエイト」から始めてみるのがおすすめです。

※情報は2021年4月時点のものとなります。

パートナー新規登録はこちら 

※スマートフォンをご利用の方は こちら をご覧ください
※参加にはdアカウントが必要です
※dアカウントをお持ちでない方は こちら から