アフィリエイト初心者は注目!成功する人が知っているノウハウとは?

副業やおこづかい稼ぎとして人気を集めるアフィリエイト。しかし実際に始めてみると、思ったように成果を出せない、うまくいかないと悩む人は珍しくありません。

実はアフィリエイト初心者が「失敗」する理由のほとんどは、アフィリエイトを成功させる考え方を知らないことにあります。つまり、今のやり方を見直してみることで、収益をアップできる可能性が高いのです。

この記事では、アフィリエイト初心者が知っておきたい成功のノウハウを紹介します。

初心者が押さえておきたいアフィリエイトのイロハ

アフィリエイト初心者がまず身につけておきたいのは、アフィリエイトの基礎知識です。とくに、どうすれば報酬につながるのかという重要な部分が曖昧なままだと、成功への対策も立てにくいでしょう。

そこで、まずはアフィリエイトの基本的な仕組みについて、わかりやすく解説します。

アフィリエイトとは成果報酬型のネット広告

アフィリエイトは成果報酬型のネット広告と呼ばれます。これはつまり、一定の成果をあげることで報酬を得られるということです。

成果を決めるのは広告主となる企業です。企業はネット媒体、たとえばホームページやブログなどに自社の広告を載せてもらい、その媒体を通じて商品の購入やサービスの契約などに至った場合、媒体の運営者(アフィリエイター)に対して報酬を支払います。

通常、企業とアフィリエイターが直接やりとりすることはなく、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)があいだを取り持ちます。広告素材の提供、報酬の支払いなども、ASPを通じておこなわれるのが一般的です。

報酬の発生する仕組みなど、アフィリエイトの概要をさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

誰でも簡単に始められるのがアフィリエイトの魅力

インターネット環境があれば誰でも手軽に始められることから、アフィリエイトは副業や主婦のおこづかい稼ぎとして注目を集めています。

何かを始めようと思ったら、準備するのに時間や手間がかかるものです。しかし、アフィリエイトにはそうした負担がほとんどありません。

ホームページを開設しようと思うとそれなりの知識や手間は必要になりますが、たとえば無料ブログサービスを利用すれば、むずかしい知識は一切不要です。あとはASPへ登録を済ませるだけで、思いたったらすぐにアフィリエイトを始められます。

また、始めるにあたって初期費用がほとんどかからないのも、アフィリエイトの魅力のひとつです。費用をかけていないので、成果をあげられなくてもそこまで思い悩むことがありません。だからこそ、会社員の副業やおこづかい稼ぎにぴったりなのです。

アフィリエイト初心者が意識しておきたいこと3選

広告を通じて成果をあげれば報酬になるというアフィリエイトの仕組みは、いたってシンプルなものです。ではなぜ、大きな収益をあげ続ける人と、ほとんど報酬を得られない人にわかれてしまうのでしょうか。

ここでは、アフィリエイトで成功するために、初心者が意識しておきたいことを3つにまとめて紹介します。

始めてすぐに成果をあげるのはむずかしい

読者(ユーザー)がネット媒体を訪れたからといって、必ず広告をクリックするわけではありません。また、たとえクリックしたとしても、企業が期待するような成果につながるかどうかはわかりません。

そのためアフィリエイトでは、自分のホームページやブログにできるだけ多くの読者を呼びこんで、成果につながるチャンスを広げることが何よりも大切です。

とはいえ、開設したばかりのネット媒体は、まだ誰にも知られていない存在です。なんのきっかけもなしに、いきなり読者が殺到することはまずあり得ません。言い換えれば、アフィリエイトは始めてすぐに報酬を得られる稼ぎ方とはいえないのです。

読者が少なく、報酬が得られないうちはモチベーションの維持がむずかしいでしょう。しかし、成果をあげるのに時間がかかることを意識して、あきらめずに続ければ、きっと成功に結びつくはずです。

「コンテンツ量」を増やすことが報酬につながる

アフィリエイトで成果をあげるには、読者(ユーザー)数アップが前提条件です。そして、効率よく読者を増やすのに欠かせないのが、魅力的なコンテンツ作りとなります。

おもしろい文章、タメになる知識など、たくさんの読者が訪れたくなるようなコンテンツを少しずつ増やしていきましょう。

また、ひとりでコンテンツを制作していると、内容が偏りがちです。読者の興味を引く媒体を作るには、できるだけ幅広いコンテンツ作りを意識して、質・量ともに充実させることが重要です。

SEO対策でアクセス数を確実に増やす

SEO対策は、アフィリエイトの成功とはきってもきれない関係にあります。

SEO(Search Engine Optimization)とは、ネットの検索エンジンで上位表示されることを意味します。検索したときにトップの方に表示されるほど、それだけ媒体へのアクセス数が増えるため、読者を獲得するためにはSEO対策がとても重要なカギを握るのです。

ただし、初心者が注意したいのが、全体の検索数に気を取られて人気のKWを狙うこと。よく検索されるKWほど、競合するライバル媒体が多くなります。

そのため、読者数の少ないアフィリエイト初心者が、自分の媒体を上位表示させるのはとてもむずかしいのです。

初心者はまず「ロングテールSEO」を意識して、ニッチなKWを狙うのがおすすめです。全体の検索数が少ないKWであれば競合する媒体は少ないため、コンテンツの質・量が充実するとともに、SEO対策の相乗効果を狙えます。

◆ロングテールSEOとは?

先ほど出てきたロングテールSEOとは、ひとつひとつはインパクトのないKWでも、記事の総数を増やすことで成果をあげやすくなるという考え方です。

そもそもロングテールとは「需要の小さな商品も数量を増やせば大きな成果につながる」という意味を持つ言葉です。これをSEOに当てはめて、「需要の少ないニッチなKWも、それらを集めてコンテンツ数を増やすことで成果につながる」と捉えることをロングテールSEOと呼びます。

ロングテールSEOを意識するときには、検索数の多いKWを2つ以上組み合わせるなどして、ニッチなユーザーを狙うといいでしょう。全体としての検索数は少なくても、自分の媒体へ読者を呼び込めれば、それが成果につながるのです。

アフィリエイト初心者にありがちな3つのミス

アフィリエイト初心者は同じミスをしやすいといわれます。少しでも早く報酬を得るためにしている努力が、かえって成果を遠ざける原因になっていることがよくあるようです。

そこで、アフィリエイトを始めるときに初心者にありがちなミスと、その対策をお伝えします。

紹介記事ばかりに力を入れてしまう

成果をあげるには広告をクリックして、商品の購入やサービスの契約といった成果をあげることが必要です。初心者の方がその仕組みを意識しすぎた結果、いわゆる「紹介記事」ばかりを書いてしまうことがあります。

広告のサービスや商品の内容を書く紹介記事は、広告の内容を知らせるのにとても便利です。しかし、紹介記事ばかりだと読者(ユーザー)は媒体に魅力を感じられません。また、成果目的が前面に出てしまい、読者から信頼を得られない可能性があります。

そこで覚えておきたいのが、商品の売り込みを感じさせない「解説記事」も交えることです。

解説記事とは、たとえば実際に商品やサービスを使った感想、企業や広告の信頼性、関連する情報の紹介など、広告内容と関連しながらも、多方面から取り組んだ記事のことです。

こうした解説記事は、読者の興味を引きやすいだけではなく、媒体としてのクオリティ向上にもつながります。クオリティの高い媒体にはファン(ヘビーユーザー)がつきやすく、アフィリエイトによる安定した収入も得やすくなるはずです。

「稼げるブログ・サイト作り」に注力してしまう

アフィリエイトを始めたのですから、少しでも早く、少しでもたくさん稼ぎたいと考えるのは自然なことです。しかし、初心者の方が「稼げるブログ・サイト作り」を意識する際には、いくつか注意すべき点が存在します。

たとえば、成果をあげるチャンスを増やすために、広告をたくさん設置することは避けるべきです。広告を多く設置すれば、確かにクリック率はあがるかもしれません。しかし、アフィリエイトは成果報酬型であるため、クリック率の上昇が成果につながるとは限りません。むしろ、サイトデザインに干渉するような広告数は読者の利便性を損ね、成果を遠ざけてしまう可能性があります。

また、バズワードなど人気のKWばかりに着目したコンテンツ作成も、初心者にはハードルが高い選択肢といえるでしょう。人気のKWは競合数が多いだけでなく、運営期間の長いサイトや、多くの読者から支持される「人気サイト」の記事も並ぶため、思うように検索順位があがらず、読者数の増加につながらない可能性があります。

アフィリエイトで成果を得るには、ひとりひとりの読者の満足度を高めること、読者からの信頼を勝ち取ることがいちばんの近道です。広告数や人気KWを意識し過ぎないようにして、読者を意識した媒体作りに努めましょう。

自分が興味のあるジャンルやこれまでの経験や知識をいかしたジャンルなら、読者に選ばれるコンテンツを楽しみながら作れるはずです。

適当にASPを選んでしまう

通常、アフィリエイトを始めるときには、企業との仲介役となるASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)に登録することになります。このとき、仲介するだけだからとASPを適当に選んでしまうのはNGです。

ひと口にASPといっても、提供する広告素材やサービス内容、報酬単価などは実にさまざまです。登録したASPが、ターゲットと考える読者が興味をもたない広告しか扱っていない可能性もじゅうぶんに考えられます。

登録前には、ASPごとの違いを必ずリサーチするようにしてください。

たとえば、動画紹介記事を扱うならdTVやdアニメストアを紹介できる「ドコモ アフィリエイト」といったように、自分のターゲット層に見合う内容を提供できるASPなのか、きちんと検討してから登録しましょう。

「どんな商品やサービスを紹介できるか」を重視してASPを選ぶと、コンテンツも作りやすくなりますよ。

初心者におすすめのアフィリエイト運用法

先ほども触れましたが、アフィリエイトは始めればすぐに成果をあげられるという仕組みとはいえません。収益をあげるためには、ネット媒体を長く運用することが基本です。

そこで、初心者におすすめのアフィリエイト運用法を紹介します。

SNSを利用したアフィリエイトに対応したASPを使ってみる

アフィリエイトで利用されるネット媒体は、ホームページやブログが主流です。

こうした媒体は文章や写真をたっぷり使えるので、読者の興味を広告に向けるのに適しています。しかし一方で、コンテンツの制作やサイトの運営に手間がかかり、モチベーションが下がってしまうこともあるでしょう。

そこで注目したいのが、SNSやメールといったスマートフォンツールを使ったアフィリエイトサービスです。長文を書く必要がなく、運用の負担もないため、スキマ時間の有効活用にぴったりといえます。

少しでも手間なくアフィリエイトを続けたいなら、SNSやメールといった媒体を検討してみましょう。

◆「ドコモ アフィリエイト」は多彩なサービスが魅力

SNSなどの新しい媒体でアフィリエイトサービスを提供する代表格といえるのが、「ドコモ アフィリエイト」です。

「ドコモ アフィリエイト」ではTwitter、Instagram、LINE、FacebookといったSNSのほか、動画配信サービスのYouTubeにも対応しています。さらにメールやSNSも利用できるので、スマートフォンさえあれば誰でもすぐにアフィリエイターになれるのです。

利用法もとても簡単で、たとえばInstagramの場合、プロフィール欄に広告リンクURLを貼ってコメントを添えればOKです。

さらに、「ドコモ アフィリエイト」のターゲットとなるのは、7000万人を超えるdアカウント会員、広告内容はahamo、dTV、d払いといったNTTドコモの有名サービス・コンテンツばかりなので、収益にもつながりやすいでしょう。

ユーザー分析などASPのサポートを活用する

ASPのなかには、読者(ユーザー)の動向などを分析するサービスを提供している場合があります。

より多くの人をひきつけるキラーコンテンツを把握できたり、自分の成果を自由に確認できたり、とデータ分析はいろいろな使い方ができます。データ分析を個人でするのは大変なので、サービスが提供されるならぜひ活用しましょう。

「ドコモ アフィリエイト」でも「パフォーマンスレポート」を提供しています。クリック数や成果などをあらゆるデータを数値やグラフでわかりやすく表示してくれるので、収益化やモチベーションの維持に役立ちます。

コツを押さえればアフィリエイト初心者でも成果を出せる

アフィリエイトを始めてみたものの、思うように成果をあげられずに悩む初心者は多いようです。しかし、収益化にはそれなりの時間が必要なことなどの知識や成功のコツさえつかめば、きっと成果はあげられます。

ただし、すぐには報酬につながりにくいため、初心者ほどモチベーションが下がりがちです。初心者は自分に無理のないアフィリエイトサービスを選択したほうがいいでしょう。

ブログやホームページの維持や管理に自信がないなら、「ドコモ アフィリエイト」が提供するようなSNSやメールを使ったアフィリエイトから始めるのがおすすめです。普段使いのツールで、無理なくスキマ時間を有効活用してみてくださいね。

※情報は2021年6月時点のものとなります。

パートナー新規登録はこちら 

※スマートフォンをご利用の方は こちら をご覧ください
※参加にはdアカウントが必要です
※dアカウントをお持ちでない方は こちら から