アフィリエイトでおすすめのレンタルサーバーを知りたい!基礎知識と選び方を解説

アフィリエイトを始めるには、広告を載せるネット媒体を用意するのが一般的です。

アフィリエイト用の媒体としてはホームページやブログが有名ですが、これらのような通称「アフィリエイトサイト」の運営にはレンタルサーバーが必要になるため、初期費用やランニングコストが気になる人は多いでしょう。

そこでこの記事では、アフィリエイトサイトを運営するときに必要となるレンタルサーバーについて、基本的な知識や料金設定、選び方などを詳しく解説します。

アフィリエイトサイトの運営にはサーバーが必要

アフィリエイトは成果報酬型のネット広告ということもあり、一定の成果をあげるために、文章や画像を交えて広告をアピールできるホームページやブログがよく使われています。

ブログの場合、ほとんどのサービスが無料で提供されているうえ、簡単な情報登録だけですぐにサイトを開設できて便利です。コストも知識も不要なので、初心者向けのアフィリエイト媒体といえるかもしれません。

しかし、こうしたサービスは提供会社によるサービスの改変や停止といったリスクがあるほか、同じサービスを使う競合サイトのなかに埋もれてしまい、SEO(Search Engine Optimization)対策を取りにくいといった弱点もあるのです。

無料ブログサービスのリスクやデメリットを避けたいなら、自分でホームページを制作するのがおすすめです。ホームページは自分自身が運営者なので、信頼性が高くオリジナリティもあり、SEO対策も取りやすいといえるでしょう。

しかし、ホームページ制作には「サーバー」の準備が欠かせません。まずはサーバーとは何かについてお伝えしましょう。

サーバーはサイトのデータを保管する倉庫

サーバーとは、ネットワーク上でパソコンのなかのデータを保管する倉庫のようなものです。

ホームページには、アフィリエイト広告のほか、記事の文章や画像など、さまざまなデータを載せることになります。しかし、個人のパソコン上で作ったコンテンツは、一般の読者には見せることができません。

ホームページの内容を公開するには、制作したデータをサーバーに保管して、読者のアクセスに応じてデータを呼び出すという仕組みが必要になるのです。

サーバーは大きくて高額、管理も複雑なことから、個人で持つのは現実的とはいえません。そこで通常、レンタル業者と契約してレンタルサーバーを利用することになります。

サーバーは、制作したコンテンツをオンライン上に保管し、自分の財産として残すことができるというメリットもあります。

ホームページ制作には、サーバーのほかにも「ドメイン」や「サイト作成ツールまたはサイト作成のためのプログラム言語知識」が必要です。ネットワーク上の住所を指すドメイン、ホームページのデザイン作りに使うサイト作成ツールに関して、詳しくは下記の記事を参考にしてみてください。

アフィリエイトにはWEBサイト開設が必要?サイトの作り方から報酬の獲得方法まで紹介

無料レンタルサーバーでもアフィリエイトはできる?

レンタルサーバーを利用するには、毎月一定のレンタル費用を支払うのが一般的です。アフィリエイトは始めれば必ず報酬が約束されるというわけではありませんから、サーバーにかかるランニングコストに不安を感じる人も多いでしょう。

レンタル業者のなかには、完全無料でアフィリエイトに使えるサーバーを提供しているところもあります。アフィリエイトの収益が安定するまではできるだけお金をかけたくないと考えるなら、無料のレンタルサーバーを選ぶのも方法のひとつです。

ただし、無料サーバーは有料のものと比べると、いくつかのデメリットがあります。

ほぼすべての無料サーバーに共通するのが、サーバーの容量が小さい点です。保存できるデータが少ないため、コンテンツが増えた場合、容量の多い有料プランに変更せざるを得なくなるケースもあるでしょう。

また、自分のホームページとは関係のない広告、自身が意図して設置していない広告が表示されることがあり、アフィリエイト広告が目立ちにくくなることも考えられます。

また、せっかく自分でホームページを作るのに、「PHP」などのプログラミング言語に対応しておらず、サイトのデザイン性に制約が出てしまう場合もあります。

「無料」は心ひかれるワードですが、むやみに飛びつくのは禁物です。レンタル業者によって無料サーバーの利用条件はさまざまなので、容量や広告の有無といった違いや利用規約などを、事前にしっかり確認しておくのがおすすめです。

アフィリエイトにぴったりのサーバーを選ぶポイント

かつては専門的な知識が必須だったホームページ制作も、今はさほどむずかしいことではなくなっています。その流れもあり、レンタルサーバーを手がける業者は増加中で、100社を超えるのではないかといわれています。

そうなると悩ましいのが、サーバー選びです。そこで、有料・無料を問わず、レンタルサーバーを選ぶ際のポイントをわかりやすく解説します。

サーバーの性能

サーバー選びでもっとも重要なポイントは、サーバーの性能です。サーバーの性能とはすなわち、データの読み込み速度を表します。

レンタルサーバーにも、パソコンやスマートフォンのように、製品による性能の違いが存在します。

ホームページに読者がアクセスすると、その都度、サーバーから文章や画像といったデータがダウンロードされます。性能の低いサーバーだとダウンロードの速度が遅いため、サイトが表示されるまで読者を待たせてしまうことになります。

アフィリエイトで収益をあげるには、たくさんの読者を呼び込まなくてはいけません。サーバーの性能が低くてなかなか開かないサイトだと、新規読者の獲得がむずかしくなるでしょう。

また、熱心な読者がいたとしても、毎回のようにページが開くのに時間がかかれば、そのうちサイト離れしてしまうかもしれません。

さらに近年、サイトの読み込み速度がSEOに影響する傾向があることが、多くのアフィリエイターに注目されています。実際、大手検索サイトの「Google」は2018年からサイトの読み込み速度が検索順位を決める要素になることを公表しています。

もうひとつ、サーバーの性能で注意すべき点があります。それは容量です。容量の少なすぎるサーバーを選ぶと、アクセスが集中したときにサーバーダウンしてしまい、集めた読者を逃してしまうリスクがあります。

無料のレンタルサーバーは容量が少なめなのが一般的ですが、極端に少なくないか、各社の容量を比較しておくと安心です。

バックアップサービスの充実度

サーバーは大量のデータを保管する精密機械ですから、故障してしまう可能性ももちろん考えられます。そのため、ほとんどのレンタル業者が、万が一に備えてデータのバックアップサービスを実施しています。

バックアップサービスがあれば、データが消失するリスクを避けられます。ですので、サイトの再構築や更新といった作業にかかる手間を抑えることが可能です。

ただし、バックアップサービスの内容は業者ごとに少しずつ異なります。

たとえば、バックアップサービスそのものは無料でも、データ復元は有料という場合もあれば、どちらも無料でおこなってくれる場合もあります。また、バックアップの対象期間、つまり何日分のデータを復元できるかにも、違いがみられることは多いようです。

少しでもコストを抑えたいと選んだ無料や格安のレンタルサーバーなのに、バックアップサービスがかなり高額で、結果として多額のコストがかかることもありえます。

アフィリエイトサイトを安全に長く続けるためにも、バックアップサービスは重要です。コストやサービス内容をしっかりと確認しておきましょう。

運営できるサイト数

アフィリエイトでしっかり稼ぎたいなら、SEO対策を取り入れるのがおすすめです。

「SEO(Search Engine Optimization)」とは、検索サイトで上位に表示されるための手法の総称です。立ちあげたばかりのホームページは読者数ゼロからのスタートとなりますが、検索されたときに少しでも上位に表示されるSEOを意識すれば、読者数アップに役立ちます。

そして、アフィリエイトにおけるSEO対策のひとつとして、「サイトの細分化」という手法が知られています。

検索数が多く誰もが知るキーワードやジャンルで勝負すると、競合するサイトが多く、新しいホームページが上位に表示されるのは困難です。一方、検索数の少ないニッチなキーワードやジャンルでホームページを作れば、競合するサイトは減り、上位表示を実現しやすくなります。

ただし、競合サイトが少ないということは、見込まれる読者の全体数も少ないことを意味します。この問題を解決するために、複数のホームページを運営して、各サイトの総読者数でアフィリエイトの収益アップを狙うのです。

しかし、ひとつのサーバーで複数のサイトを運営するために、複数のドメイン(ネット上の住所)を設定できるかどうかは、サーバー業者によって異なります。

無料のサーバーだとドメインはひとつのみというケースがほとんどですが、有料のサーバーだと無制限に設けられるケースもあります。SEO対策で複数のホームページを運営する予定があるなら、使えるドメイン数のチェックも忘れないようにしてください。

さらに、人気のサイト制作ツール「WordPress」に必要なデータベース、「MySQL」に対応しているかどうかも重要なポイントです。使いやすさや高い機能性から愛用者の多い「WordPress」ですが、すべてのサーバーが「MySQL」に対応しているとは限りません。

そして、「MySQL」などのデータベース数がそのまま、「WordPress」をはじめとするサイト制作ツールを使える数となります。複数のホームページを運営したいなら、データベースをいくつまで使えるかどうかも、サーバー業者を選ぶときのポイントになります。

サーバーのレンタル費用

サーバーのレンタル費用は、ホームページを維持するために毎月支払う必要があります。しかし、アフィリエイトはやればやるだけ儲かるという仕組みではありません。成果をあげなければ報酬は得られないのです。

つまり、アフィリエイトの報酬がない状況でも、レンタル費用を支払い続ける可能性もあり、サーバーの利用料が負担になることも考えられます。

また、アフィリエイトの収益化には時間がかかるとされますが、長期化すればするほど、サーバーにかかるコストがアフィリエイトを続けるモチベーションを下げることもあるでしょう。

ですので、サーバーを選ぶときには、自分にとって適正なレンタル費用かどうかを見極めることが大切です。

ホームページの運営スタイルやアフィリエイトの収益目標などの違いによって、サーバーに求める性能やコストは異なります。性能が高いほどレンタル費用もあがりますから、サービスとコスト、両面のバランスが自分の目的に見合うかを意識して選びましょう。

「ドコモ アフィリエイト」ならサーバーなしでアフィリエイトOK

サーバーをレンタルしてホームページを作れば、世界でひとつだけのオリジナルのサイトでアフィリエイトを始められます。

しかし、昔に比べると簡単になったとはいえ、サーバーやドメイン、サイト作成ツールなど、初心者にはわかりにくい知識も多く、ホームページ制作のハードルはそれほど低くありません。

そんな人におすすめなのが「サーバーいらず」で、気軽にできるアフィリエイトサービスです。

ここでは、NTTドコモが提供する「ドコモ アフィリエイト」で利用できる、サーバー不要なアフィリエイトサービスを紹介します。

Twitterもインスタも!アフィリエイトが進化中

スキマ時間を活用したい人や副業を解禁された会社員などを中心に、アフィリエイトで稼ぎたいと考える人は年々増えていて、アフィリエイトは今まさに進化の真っ只中にいます。

なかでも注目されているのは、SNSを使えるASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)です。SNSを利用したアフィリエイトは、サーバーの知識やコストを考える必要はなく、思いたったらいつでも気軽にアフィリエイトを始められるというメリットを持っています。

そんなSNSを利用したアフィリエイトに力を入れているのが「ドコモ アフィリエイト」なのです。

ASPを介さず、企業がアフィリエイターに直接広告を提供する新しいアフィリエイトサービス「ドコモ アフィリエイト」は、大手通信会社のNTTドコモが自社の人気サービスを広告素材として提供しています。

そんな「ドコモ アフィリエイト」の魅力のひとつが、サーバー不要で始められるアフィリエイトの選択肢です。TwitterやInstagram、LINEなどのSNS、メールやSNSから、動画配信サービスのYouTubeまで、幅広く対応しています。

もちろんホームページやブログも利用可能なので、まずは気軽なSNSから始めて報酬が得られるようになったらホームページを制作する、というやり方もおすすめです。

アフィリエイトサイト制作はサーバー選びが重要

アフィリエイトは、広告をアピールしやすいホームページやブログで始めるのが一般的です。とくにホームページはオリジナリティや信頼性の高さから、アフィリエイトの収益化につながりやすいとされています。

ただし、ホームページ制作にはサーバーが必要になります。レンタル業者によるサービスやコストの違いをチェックして、自分に適したサーバーを選択することが大切です。

知識や経験がなくてホームページを作る自信がない初心者なら、SNSやメールなどサーバー不要のアフィリエイトから始めてみるのもいいでしょう。

SNSやメール、YouTubeなど幅広い選択肢を持つ「ドコモ アフィリエイト」なら、自分にぴったりのアフィリエイトスタイルがみつかる可能性大です。

ホームページにも対応しているので、アフィリエイトに慣れてきたら、サーバーをレンタルしてオリジナルサイトにもぜひトライしてみてくださいね。

※情報は2021年6月時点のものとなります。

パートナー新規登録はこちら 

※スマートフォンをご利用の方は こちら をご覧ください
※参加にはdアカウントが必要です
※dアカウントをお持ちでない方は こちら から