アフィリエイトで稼ぐには?初心者が知っておきたいポイント5つ

空いた時間を活用してアフィリエイトで稼ぎたいと考える方が増えています。一方、せっかくアフィリエイトを始めたのに、期待したような報酬を得られず、挫折してしまう方もいるようです。

しかし、あきらめてしまうその前に、ご自身のアフィリエイトのやり方をもう一度見直してみませんか。もしかすると、ちょっとした工夫で稼げるようになるかもしれません。

この記事では、アフィリエイトで稼ぐために知っておきたいポイントを、初心者にもわかりやすいように解説していきます。

アフィリエイトで稼ぐ仕組み

アフィリエイトで稼ぎたいなら、まずアフィリエイトで報酬が生じる仕組みについて、きちんと理解しておくことが大切です。

アフィリエイトとは、ホームページやブログなどに掲載される成果報酬型の広告のことです。サイトを訪れた読者(ユーザー)が、掲載された広告を通じて商品を買ったりサービスを契約したりしたときに、広告主から成果に応じた報酬をもらえます。

また、アフィリエイトには広告主と広告を掲載するサイト運営者を仲介する「アフィリエイト・サービス・プロバイダ(ASP)」と呼ばれる会社が存在します。

ASPによって、個人でも気軽に自分のサイトに企業広告を掲載できるのですが、「ドコモアフィリエイト」のように、ASPを介さず大手企業が直接アフィリエイトプログラムを提供するケースもあります。

TwitterやLINEにも広告を掲載できる

アフィリエイト広告を掲載する媒体としては、ホームページやブログが主流です。サイトのコンテンツを広告に関連する内容で充実させて、それにひきつけられた読者(ユーザー)が広告をクリックする、というのがアフィリエイトの理想的な流れとされています。

しかし最近は、主にスマートフォンで利用されるSNSに掲載できるアフィリエイトなど、より身近なツールを使ったアフィリエイトプログラムが注目を集めています。

「ドコモ アフィリエイト」は、LINE、Twitter、Instagram、Facebook、YouTubeといったSNSに加え、メールやSMSにも対応しています。こうしたツールを使ったアフィリエイトなら、サイト開設などにかかる手間がかからず、より気軽に始められるでしょう。

さらに、「ドコモ アフィリエイト」は通常のアフィリエイトプログラムと同様、ホームページやブログにも展開できるので、サイト運営に調整したい方は自分らしいアフィリエイト広告の活用も可能です。

アフィリエイトで「月1万円以上稼ぐ人」は全体の35%

アフィリエイト初心者にとって気になるのは、アフィリエイトでどれほど稼ぐことができるのか、ということではないでしょうか。

NPO法人アフィリエイトマーケティング協会のアンケート結果(※1)によると、2020年時点のアフィリエイト利用者のうち、まったく稼げなかったと回答したのは31.6%でした。つまり、全体の7割は何らかの報酬を毎月得ているのです。

アフィリエイトで稼ぐ金額の内訳をみてみると、月5,000円までが27.9%ともっとも多く、続いて月1万~5万円までの11.1%、月5,000~1万円までが6.7%と続きます。一方で月10万円以上を稼ぐ人も18.5%もおり、そのうち6.5%は100万円以上と回答しています。

この結果から、アフィリエイトの稼ぎには人によって大きな差があることがわかります。初心者であれば、まずは月5,000~1万円を目指すのがおすすめです。

(※1)出典:「アフィリエイト・プログラムに関する意識調査 2020」

安定した稼ぎもアフィリエイトの魅力

アフィリエイトの報酬額に個人差があるのは間違いないでしょう。しかし、アフィリエイトには報酬額以外にも見逃せないメリットがあります。

それは、一度軌道に乗れば、長く安定して稼げるということです。先ほどのアンケートでは、アフィリエイト利用者のうち、去年より「収入が増えた」あるいは「変わらない」と回答した人が全体の約8割を占めていました。

アフィリエイトは、始めたとたんに高収入を得られるというものではないかもしれません。しかし、サイト運営が安定すれば、毎月安定して稼げるようになる可能性が高いといえるでしょう。

初心者がアフィリエイトで稼ぐためのポイント5つ

アフィリエイトで稼ぐには、設置した広告を商品購入やサービス契約につなげなければなりません。アフィリエイトで稼ぐ人たちはどのようにして、読者(ユーザー)に広告をクリックさせているのでしょうか。

ここでは、アフィリエイトで稼ぐ=読者(ユーザー)に広告をクリックしてもらうために、初心者が押さえておきたいポイント5つをご紹介します。

ポイント①PV数を増やす

アフィリエイトで稼ぐのに、まず意識したいのがサイトへの注目度を高めることです。たくさんの人の目に触れれば触れるほど、それだけアフィリエイト広告へのアクションにつながりやすくなります。

指標としてよく使われるのがPV数です。PVとは「ページビュー」のことで、読者(ユーザー)のサイトへのアクセス数を示します。ホームページやブログを運営するならPV数を意識して、少しでも増やすように努力しましょう。

PV数を伸ばすには、コンテンツの充実が重要です。できるだけ頻繁に更新する、誰もが興味を持つ内容を心がける、人目を引くタイトルをつけるなど、コツコツと努力を続けることがPV数をアップさせます。

また、コンテンツ作りでは、常にアフィリエイト広告に合わせた内容であるかも意識するようにしてください。

サイトではなくSNSを利用したアフィリエイトは、フォロワー数の数がPV数と同じ意味を持ちます。

SNSはサイトと違い、短期間で爆発的にフォロワー数を増やせる可能性も秘めています。サイトと同じく頻繁な更新はもちろん、ユニークなコメントやリアルタイムの時事ネタなどを盛り込むことで、効果的にフォロワーを獲得していきましょう。

ポイント②紹介記事だけでなく集客記事も書く

サイトに掲載するコンテンツ(記事)は、「紹介記事」と「集客記事」に分けることができます。

アフィリエイトをする側にとっては、読者(ユーザー)の目をアフィリエイト広告に向けるのが最優先です。そのため、広告の商品やサービスのスペックを紹介するだけの記事に終始しがちです。

商品やサービスのスペックはもちろん大切な情報です。しかし、読者が本当に知りたいのは商品やサービスがもたらすベネフィット(利益)に関する情報ですから、スペック紹介だけのサイトには読者はなかなか集まりません。

そこで必要となるのが、読者が知りたい情報についての記事、つまり集客記事なのです。

使ったらこんないいことがあった、こんな利用法で楽しんでいる、といったように、読者が具体的に想像しやすいように、広告の商品やサービスがもたらすベネフィットを伝えましょう。

◆紹介記事と集客記事の違い

紹介記事と集客記事について紹介しましたが、違いが分かりにくいと感じる方もいるでしょう。

そこで実際に、「ドコモ アフィリエイト」のキャンペーンのひとつ、d払いについての紹介記事と集客記事の参考例を比べてみます。

紹介記事ではd払いのスペック、d払いとはどんなものか、について書きます。たとえば「d払いは支払い金額に応じてdポイントも貯められる!便利でお得な機能を紹介」のような表現が考えられます。

一方、集客記事ではd払いを使う際のベネフィットについて書きます。たとえば「d払いで予約注文もできる⁉テイクアウトのお弁当を並ばずに持ち帰る方法」と書けば、d払いの新たな一面に興味を持つ読者も増えるのではないでしょうか。

ただし、d払いをまったく知らない読者(ユーザー)にベネフィットばかりを伝えても、強く響かない可能性があります。紹介記事1本に対して集客記事5本など、集客記事をやや多めに、どちらもバランスよく配分するようにするのがよいでしょう。

ポイント③サイトジャンルを意識して記事をつくる

アフィリエイトで稼ぐことを目的としたホームページやブログは、どんなテーマにするか、サイトのジャンルを意識することが大切です。

サイトのジャンルが決まれば、そのジャンルに興味のあるターゲット層がみえてきます。たとえば20~30代の美容に興味のある女性、30~40代の投資に興味のある男性など、ターゲット層を明確にした記事は、読者(ユーザー)の興味をひきつけるでしょう。

また、サイトのジャンルが明確であれば、最適な広告選びにも結びつき、アフィリエイトの成果報酬につながりやすくなるはずです。

「ドコモ アフィリエイト」の場合、d払いやdTVといったNTTドコモが提供するサービスや商品の広告を掲載することができます。そのため、dアカウント所有者やNTTドコモのサービスに興味のある方をターゲットとした記事を作れば、報酬を生みやすくなるでしょう。

ポイント④利用するASPを吟味する

アフィリエイト・サービス・プロバイダ(ASP)は、広告主からの広告素材をアフィリエイト利用者へ提供します。アフィリエイトを始めるには、いずれかのASPに登録するのが一般的です。

実は、ASPによって取り扱う広告の種類や量、報酬の単価などは異なります。サイトのジャンルに合った広告を豊富にそろえているか、需要の高い商品やサービスを扱っているか、広告の種類は豊富かなど、どのASPに登録するかを事前に検討するようにしてください。

ちなみに、ASP選びに迷った際にはASPを介さず、大手企業が提供するアフィリエイトプログラムを利用するのもおすすめです。

「ドコモ アフィリエイト」はその代表格で、NTTドコモによる信頼性の高いアフィリエイトサービスです。7000万人を超えるdアカウントユーザーをターゲットに、NTTドコモの人気サービスや商品を扱えるため、特定の分野への専門知識を持たない方でも成功報酬が期待できるプログラムのひとつだと言えるでしょう。

ポイント⑤記事やコンテンツの「量」を充実させる

多くの読者(ユーザー)をサイトに呼び寄せるには、ユニークな切り口で文章を書くなど、読者に興味を持ってもらえる記事をアップすることが大切です。

また、多くの読者は検索エンジンを経由してサイトにアクセスするため、検索エンジン対策をして自分のサイトを上位に表示させる「SEO(Search Engine Optimization)」も重要となります。検索されやすいキーワードを意識して使うなどの工夫を心がけてみてください。

とはいえ、クオリティの高い記事を書いたりSEO対策を徹底したりするのは、初心者にとってハードルが高すぎるかもしれません。

そこで、まずは1本でも多く記事やコンテンツを増やして、サイトのボリュームを充実させることを目指しましょう。「量」が読者を呼ぶ理由にもなります。

もし文章を書くのが苦手なら「ドコモ アフィリエイト」をはじめとしたSNSやメールを使ったアフィリエイトに対応したサービスを検討してみましょう。SNSやメールによるアフィリエイトは、ブログ記事と比較すると少ない文字数で広告への導入が可能です。

たとえばInstagramを使う場合、プロフィール覧に広告リンクURLを貼って、広告についての短いコメントをそえれば完了です。「ドコモ アフィリエイト」をはじめとしたSNS対応アフィリエイトであれば、キャンペーン審査を通過すればわずか数分でアフィリエイトを始めることができます。

アフィリエイト初心者は「5つのコツ」を意識する

初心者にとってはむずかしいと感じられるかもしれませんが、アフィリエイト利用者の一定数が毎月定収を得ています。収入の安定性に魅力を感じた方は、まずは小さな目標を立ててアフィリエイトを始めてみるのがおすすめです。

アフィリエイトで稼ぐためのコツはさまざまなものがありますが、サイトの充実や記事のクオリティなど、努力を積み重ねることがいちばんの近道です。あまりむずかしく考えすぎず、この記事でご紹介した5つのポイントをクリアしてみてください。

また、最近はアフィリエイトプログラムの選択肢が増えてきています。サイトの更新や記事の執筆などに不安があるようなら、SNSサービスやメールで気軽にアフィリエイトが始められる「ドコモ アフィリエイト」を検討してみてはいかがでしょうか。

※情報は2021年3月時点のものとなります。

パートナー新規登録はこちら 

※スマートフォンをご利用の方は こちら をご覧ください
※参加にはdアカウントが必要です
※dアカウントをお持ちでない方は こちら から