【収益力アップ術】アフィリエイトのブログ記事をリライトする簡単な方法を解説!

    【収益力アップ術】アフィリエイトのブログ記事をリライトする簡単な方法を解説!

    アフィリエイトサイトを運営している場合は、定期的にブログ記事のリライトをすることが必要です。

    しかし、リライトすることが大事だと知っていても、どのように書き換えたらいいのかわからないという方も多いかと思います。

    そこで、収益記事を強化するためのリライトの方法や、ポイントをご紹介します。ぜひ、参考にしてください。

    アフィリエイト記事のリライトとは

    アフィリエイト記事のリライトとは、文章を新たな内容に書き換え改善することです。リライトするタイミングも重要で、およそ半年に1回、最低でも年に1回は掲載情報を見直すことが必要になります。

    また、検索順位が右肩下がりになったときや、記事で扱った情報が更新されたときなどもリライトするタイミングです。それ以外にも、公表データ・調査統計・リリース・法令の条文などを引用するといったリライトをすることで、記事を説得力のあるものにできます。

    アフィリエイト記事をリライトするメリット

    アフィリエイト記事をリライトするメリットは、主に下記の3つです。

    ・新しく記事を執筆するより工数がかからない
    ・情報の鮮度を保つことができる
    ・記事が上位表示されやすくなる

    記事を量産することや最新記事を定期的に執筆することはアフィリエイトにおいて必要なことですが、慣れないあいだはたくさんの時間と労力がかかります。そういった負担を軽減しつつ、サイトの評価を上げられるのがリライトなのです。

    記事を書く工数が削減できる

    リライトのメリットは、0から記事を作るより、短時間で記事ができることです。

    1日1記事のノルマを設けている場合、新たな記事を作るためのネタが切れてしまうケースもあるかと思います。リライトならば、通常の記事を書く時間よりも短い時間で作成できるため、制作の負担を軽減させることが可能です。

    1つの新しい記事を作成する場合、テーマを決めデータを集めキーワードを選定したうえでようやく記事制作に入れます。

    初心者の場合は、テーマ決めからキーワード選定の準備工程だけで1日かかることもあります。そこから記事を書くとなると、2~3日かかることもありますが、リライトの場合は記事を書く時間を大幅に削減できます。

    情報の鮮度を保つことができる

    アフィリエイトのブログ記事に大切な要素は、「情報の鮮度」です。特に、インターネットやSNSを情報収集ツールとして使うユーザーはトレンドに敏感であり、古い情報には価値を感じにくい傾向があります。

    たとえ数か月前や数年前に作成した記事だとしても、古い情報を書き換えるだけで鮮度が保たれ、ユーザーの求める新しい情報を盛り込んだ記事になるのです。情報の更新は、ユーザーからの信頼を失わないだけではなく、新たなユーザーのアクセスも期待できます。

    情報の鮮度を保つためには、新しい情報が出た時点でできるだけ早くリライトすることが大切です。いつまでも、同じデータや情報を公開したままにしておくと、ユーザーへの説得力や信頼度も失ってしまう可能性があります。

    記事化したときにどんな記事を公開しているのかの確認と、その記事内に盛り込んだデータの更新タイミングもあらかじめ把握しておきましょう。

    記事が上位表示されやすくなる

    リライトする目的の1つに、記事が検索上位表示されやすくなることがあります。

    ユーザーが記事を最後まで読まずに離脱する理由の1つに、読みづらい記事であるということが考えられます。離脱率が高い記事はユーザーのニーズとマッチしていないと見なされるため、検索結果にも影響を及ぼします。

    多くのユーザーが違和感を抱く文章例は以下です。

    ・リズム感が悪い
    ・誤字脱字が多い
    ・表現がわかりにくい
    ・検索キーワードと内容にギャップがある
    ・過度に装飾した文字が並んでいる

    ブログをはじめたばかりの頃は、記事を増やすことに集中している方も多いため、記事内容を振り返っていないかもしれません。リライトは、そのような記事を見返す機会でもあるのです。

    また、ブログの内容はユーザーにとって有益な情報であればあるほど、ユーザーの信頼を得ることができ、信頼度が上がれば検索エンジンにもインデックスされやすくなります。

    検索エンジンに「このサイトは信頼性がある」と評価されるメカニズムを作り出すためにも、リライトすることが重要です。

    アフィリエイト記事をリライトするときのポイント

    アフィリエイト記事をリライトするときのポイント

    アフィリエイト記事をリライトするときの主なポイントは6つです。

    ・アクセスがある記事をリライトする
    ・ユーザーの目を引くタイトルにする
    ・足りない情報を追加する
    ・内部リンクを張る
    ・古い情報を更新する
    ・リンクを確認する

    「リライトする」と聞くと、どの記事からリライトしたらいいのか悩む方もいるでしょう。優先すべき記事を選別して、リライト方法を理解したうえで、その記事に合ったリライト方法を選択するようにしましょう。

    ただし、リライトしなくていい記事まで更新してしまうと、反対にアクセス数が下がる可能性もあります。リライトするのは、リライトすることで改善が見込める記事に限定しましょう。

    アクセスがある記事をリライトする

    アクセスを稼いでいる記事を優先的にリライトすることが重要です。アクセスが0の記事を1にするよりも、1から数を増やす方がアクセス数を伸ばせる見込みがあるからです。

    アクセス数が多いのにユーザーの離脱率が高い記事は、記事内容とユーザーが求めている内容にギャップが生じている可能性があります。検索キーワードの分析を行い、ユーザー像をイメージしたうえで、記事をリライトしましょう。

    アクセスがあるということは、記事のタイトルやディスクリプションを見たユーザーが「私が求めている内容かも」という期待を寄せている記事であると判断できるため、記事内容を改善することで離脱率の低下やコンバージョン率のアップが期待できます。

    ユーザーの目を引くタイトルにする

    ユーザーは情報を検索するとき、検索エンジンに1~3語程度のキーワードを入力しています。そして、検索結果に表示されたタイトルやディスクリプションを見てアクセスします。

    つまり、タイトルに狙ったキーワードを入れることはもちろん、目につきやすいタイトルの文頭にキーワードを入れることが重要になるのです。

    ちなみに、記事のタイトルは32文字以内でないと検索結果に全文表示されません。

    全文表示されないだけではなく、タイトルが長いと検索エンジンが勝手にタイトル表示を変えてしまうことがあります。タイトルが変わってしまえば、キーワードを入れ込んだ意味もなくなりユーザーからクリックされなくなる可能性もあります。

    タイトルをリライトする際は、32文字以内、かつ、重要なキーワードをタイトルの前半に入れるようにしましょう。

    足りない情報を追加する

    検索結果が思うように伸びないときは、自分の記事よりも上位に表示されている記事を確認してみましょう。

    検索結果の上位に表示される記事は、検索エンジンから良質なコンテンツであると登録された記事です。つまり、ユーザーのニーズにマッチした内容が書かれている可能性が高いため、自身の記事にない情報があれば参考にしたうえで、1つの見出し(h2またはh3)として追記しましょう。

    ただし、ライバルサイトの記事をそのまま使ってはいけません。著作権侵害に該当することはもちろん、検索エンジンによってペナルティを与えられる可能性があります。

    あくまで、内容を参考にする程度にとどめ、オリジナルの文章に書き起こしましょう。

    また、ライバルサイトに掲載されている情報だけでなく、自身の体験談を追加するのもおすすめです。商品やサービスを使用して発見したことを1つの見出しとして追記することで、よりオリジナリティのある記事になるでしょう。

    古い情報を更新する

    記事の信頼性や説得力を維持するためにも、古い情報を更新する必要があります。

    更新頻度は、半年に1回程度がおすすめですが、記事数が多く見直すのが大変だという場合は、最低でも年に1回のメンテナンスをするようにしましょう。

    公式データや調査統計など情報の更新時期が決まっている場合は、それに合わせることも必要です。

    各省庁や機関のデータは、発表時期が異なります。たとえば、毎年4月に新しいデータが発表される機関の情報を12月に引用した場合、4か月後には新たなデータが発表されます。

    発表するタイミングを知って最新のデータとして引用することで、社会の動向を正確に伝えることができ、読者への説得力も増します。

    リンクを確認する

    アフィリエイトは、記事内に設置したリンクからユーザーが行動を起こすことで報酬が発生します。つまり、リンクはアフィリエイトの収益に直結するといっても過言ではないほど重要な要素です。

    しかし、そんなリンクがリンク切れで表示されないということは、よくあること。リンク切れの記事がいくつもサイト内にあれば、ユーザーからの信頼を失うだけでなく、検索エンジンからの評価も下がります。そのため、リライトではリンク切れの記事がないか、定期的に見直しましょう。

    リンク先に設置した外部の記事やサイトが無くなってエラーになる場合は、別の外部リンクを張り直すか、代わりになるリンク先がない場合は削除するようにしましょう。

    また、新たに設置できるリンクがないかの確認も重要です。アクセスが多い記事や滞在時間が長い記事は、ユーザーのニーズを掴めている記事と考えられます。その記事に収益記事のリンクを設置できるようであれば、収益につながる可能性があります。

    このように、リンク切れは起きていないか、コンバージョンにつながるリンクの設置忘れがないか、を確認しましょう。

    内部リンクを張る

    ブログ記事が増えると関連する記事も新たにできるため、それらの記事を内部リンクでつなげることでPV数を伸ばすことができます。

    ユーザーは1つの記事だけではなく、複数の記事を読んで悩みを解決しようとする傾向があります。内部リンクを張り、ブログ内の関連性のある別の記事を読んでもらえる仕組みを取り入れることで回遊率が上がり、サイト全体の評価も上がります。

    そのためには、記事をテーマごとに2~3種類のグループにわけ、そのグループ間で収益記事を含めた内部リンクを設置するようにしましょう。

    手動でもできますが、記事数が多い場合は自動分類ツールを利用すると便利です。ツールを使う場合は、分類の細やかなキーワードをわかりやすくする工夫が必要です。

    リライト後の検証もお忘れなく!

    リライト後の検証もお忘れなく!

    記事をリライトした後は、リライトしたことで目的を達成できたかを検証することが大切です。

    たとえば、コンバージョン率を高めるためであればCV数やPV数、精読率を確かめるにはユーザーの滞在時間やPV数をチェックします。

    また、検索順位を上げるためのリライトであれば検索順位の変動を確認します。

    検索順位を調べる方法は、主に2つです。

    ・SEOツールを使用する
    ・実際に検索エンジンにキーワードを入力して確認する

    検索エンジンにキーワードを入力して確認する場合は、シークレットモードを利用すると閲覧履歴の影響を受けません。また、コンバージョン率を確認するためのツールもあるため利用してみるといいでしょう。

    まとめ

    自身のサイトで公開済みの記事をリライトして収益を上げるには、どんなブログ記事を今までに執筆したかを把握することが大切です。

    そのうえで、リライトする記事を選定し、その記事に合ったリライトの方法を検討しましょう。過去の記事を全体的に見直すことで、検索上位が上がり、収益につながる可能性があります。

    また、これからアフィリエイトのさらなる収益アップを目指している方は、ぜひドコモアフィリエイトもご検討ください。ドコモアフィリエイトは、SNSアフィリエイトにも対応しているため、集客の幅を広げることができます。

    パートナー新規登録はこちら 

    ※スマートフォンをご利用の方は こちら をご覧ください
    ※参加にはdアカウントが必要です
    ※dアカウントをお持ちでない方は こちら から

    新着記事