アフィリエイトサイトは時間や曜日にも注意しよう!投稿におすすめの時間帯とは?

    アフィリエイトサイトは時間や曜日にも注意しよう!投稿におすすめの時間帯とは?

    アフィリエイトサイトの運営をはじめたばかりの方の中には、「日によってアクセス数にバラつきがある」という悩みを持っていませんか?

    それは、ユーザーの行動パターンが影響しているからかもしれません。つまりは、ユーザーの行動を理解し、アクセス数が増える時間帯を狙って投稿すると収益につながりやすくなるということです。

    具体的に、記事の効率的な投稿時間や曜日についてご説明します。

    アフィリエイトで投稿時間が重要な理由とは

    アフィリエイトにおいて投稿時間は、アクセス数を伸ばす以外にもコンバージョンを発生させるために重要です。

    ユーザーの時間帯別の行動パターンを把握することで、それに合わせた投稿時間を設定することができます。自身が運営するサイトのユーザーの行動パターンを理解することも、アフィリエイトにおいてはポイントとなるのです。

    ユーザーの行動パターンを把握するためには、自身のサイトデータを分析することからはじめてみましょう。

    アフィリエイト記事の投稿におすすめの時間

    一般的に、アフィリエイト記事の投稿におすすめとされている時間は下記の通りです。

    ・通勤・通学の移動中である平日の朝6時~8時
    ・ランチタイムの休憩時間である平日の昼11時~13時
    ・帰宅後のリラックスタイムである夜20時~22時

    アフィリエイト記事の投稿におすすめの時間

    アフィリエイト記事の投稿におすすめの時間

    上記の時間帯は、ユーザーがメディアに触れやすい時間です。TVやネットの動画視聴、読書など比較的リラックスして思い思いの時間を過ごしているときともいえるため、この時間帯にアフィリエイト記事を投稿することで見られる確率が上がる傾向にあります。

    ※出典:「平成30年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書」(リンク先:https://www.soumu.go.jp/main_content/000644168.pdf

    平日の朝6時~8時

    平日の朝6~8時は、ユーザーの多くが通勤や通学をしている時間です。
    通勤や通学時間は、手持ち無沙汰から多くの方がスマホでSNSを利用したり、情報収集をしています。その場合、多くのユーザーはトレンドや雑記記事を選ぶ傾向があります。

    トレンド系や雑記などカジュアルな記事を取り扱っている方は、朝の時間帯を狙うといいでしょう。朝から気持ちが明るくなれるような情報もおすすめです。会社や学校へ行くのが憂鬱というユーザーに向けて、発信できる内容のブログもいいかもしれません。

    また、ランチにおすすめのお店やコンビニの新商品についてのブログなどは、会社や学校へ着いてからのコミュニケーションの種になります。

    平日の昼11時~13時

    平日の昼11〜13時は、多くの方がランチタイムを迎える時間です。近年、ランチタイムも時間差をつけ密にならないように配慮されている場合があり、1人でランチをするという方も増えています。

    ランチの休憩時間は、大抵の場合は1時間あります。ランチの時間帯を1人で過ごす場合、多くの方はスマホを手に取るでしょう。朝と同様ですが、トレンド系や雑記など時間をつぶせる内容は、アクセス数が伸びやすい傾向にあります。

    平日の昼の投稿を狙う場合には、万人受けするようなトレンド記事もいいでしょう。会社や学校での話題になるような情報は、ユーザーにとっても有効な情報です。

    夜20時~22時

    仕事や外出先から帰宅する夜の20〜22時台も狙い目です。この時間帯は、夜のゴールデンタイムともいわれており、テレビ番組でもバラエティやドラマが集中する時間帯になります。

    近年、若年層を中心にテレビ離れが話題となっており、多くの方はインターネットや自分のための時間に充てる傾向にあります。そのため多くのアフィリエイターたちは、夜のゴールデンタイムを狙って投稿しています。

    同じような内容を投稿しているライバルアフィリエイターと、投稿時間をずらすこともおすすめです。

    この時間帯に投稿をおすすめしたい記事内容は、情報系やストーリー系など。朝や昼の時間帯よりまとまった時間が確保できるうえ、ユーザーがリラックスしている時間のため、じっくり読ませたい記事がおすすめです。

    仕事関連の勉強など自身のスキルを高めたいと考えるユーザーは、夜にゆっくり記事を読む傾向にあります。

    投稿する曜日にも注意しよう

    投稿する曜日にも注意しよう

    アフィリエイトの投稿は時間だけではなく、曜日にも注意する必要があります。

    ユーザーの多くは平日と休日では、過ごしかたが異なるため、曜日によって投稿するタイミングを考える必要があるのです。ユーザーの1週間の行動パターンは、主に3つあります。

    ・金曜日はイベントや集まりなどで予定を入れる人が多い
    ・土日の朝はのんびり過ごす傾向にある
    ・時間があるとブログよりも動画を見るユーザーが増える

    これらを加味したうえで、どの曜日に何をするのかを決めるのもいいでしょう。

    金曜日の夜を避ける

    アフィリエイト記事の投稿は、金曜日の夜を避けるようにしましょう。なぜなら、金曜日の夜にスマホやパソコンからブログ記事を読むユーザーの数は、月曜日~木曜日の夜に比べると少なくなるからです。

    たとえば、金曜日は次の日が休みという方が多いため、イベントや集まりなどの予定を入れるケースが考えられます。外出が難しい場合でも、Zoomで飲み会などを開催したり、セミナーやアーティストの配信などのオンラインイベントも多くなってきています。

    毎日ブログ更新してる場合は別になりますが、週に何本かの記事を投稿している方は金曜日の夜を避けるようにしましょう。

    週末の朝を避ける

    あなたは、休みの日の朝何時に起きますか?いつもの起床時間かそれよりも遅いという方が、ほとんどなのではないでしょうか。大抵の方は、休日にあたる週末の朝はゆっくり過ごすという傾向にあります。

    ある調査によると、5〜8時台までの全年代のインターネット利用率は、平日13.45%、休日10.55%と平日のほうがインターネットを利用する方が多いということがわかっています。

    つまり、休日の朝はわざわざパソコンを開いて検索したり、スマートフォンの小さな画面で動画を見たりする方が少ないと考えられます。

    アフィリエイトを副業で行っている方は、週末のほうが時間に余裕があるため、ブログ記事を作成して投稿したいと考えるでしょう。ただ、投稿してもアクセス数が見込めない可能性が高いのです。

    週末は情報収集に専念するか、次の週に投稿する記事を作成する時間に充てるほうが効率的といえます。

    ※出典:「平成30年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書」(リンク先:https://www.soumu.go.jp/main_content/000644168.pdf

    休日は記事より動画

    多くのユーザーは、平日より休日のほうが時間に余裕ができます。時間が自由に使える休日は、ブログやWebサイトよりも動画を見るユーザーが増える傾向にあります。

    1人で30分〜1時間程度の時間をつぶすときには、多くのユーザーがブログ記事を閲覧しますが、それ以上の時間がある場合にはあまり利用しません。

    つまり、休日のブログ記事の投稿はあまりアクセス数を伸ばせない可能性があるのです。だからといって何もしないのは、もったいないです。

    そこで、休日におすすめの作業を具体的にまとめてみました。

    更新を休み、情報収集や研究する時間に充てる
    動画コンテンツを制作し動画アフィリエイトとして発信する
    動画に対抗できる表現やエンタメ性の高いコンテンツを発信する

    休日でブログのアクセス数が見込めない日も、ブログ記事のリサーチや執筆に時間を利用しましょう。特に、副業としてアフィリエイトをしている方は平日のブログ投稿の準備に充てると効率がよくなります。

    ブログ以外で動画のアフィリエイトをしている場合は、ブログとは反対で土日や祝日などユーザーの多くが休日となる曜日に動画投稿することがポイントです。動画投稿などしていない場合は、新たなブログの種を探す時間に充てるのもいいでしょう。

    ブログで、おすすめの動画や漫画、アニメを紹介しているのであれば、次に紹介するコンテンツを研究したり、ユーザーがどんな作品に興味を持っているのかをリサーチします。

    もし、ブログ記事を投稿するのであれば、休日の娯楽に役立ちそうな情報を発信するようにします。たとえば、月額制サービスを利用しているユーザーに向けておすすめの動画や漫画などのおすすめランキングや最新情報の提供などをしてみるのもいいでしょう。

    ブログ記事を投稿する時間帯を固定する

    投稿する時間帯を固定することで、サイトのファンになってくれるユーザーができることもあります。

    もちろん、ユーザーの行動パターンを考慮したうえでのことですが、ブログ記事の投稿時間が決まっていると、訪問したユーザーがそのことに気づき、固定ユーザーになってくれることがあります。

    これは、YouTubeでもよく使われる手法です。動画のアップ時間を固定することでファンとなるユーザーが増え、その時間に生配信を開催するYouTuberもいます。

    SNSを活用する場合にもできる限り投稿時間を固定するほうがいいでしょう。ブログの投稿時間とSNSの投稿時間をわけるとより効果的になります。

    ブログは、投稿した後はリライトするまで内容は変わりませんが、SNSは何度でもブログ記事の内容の切り口を変えて投稿することができるのです。

    たとえば、ランチ時間に合わせたブログ投稿では長めの記事を更新し、夜にSNSから発信しリマインドをかけるという使いかたもいいでしょう。

    多くのユーザーは、決まった時間に家を出て会社や学校へ行き、決まった時間に帰宅します。つまり、毎日の生活パターンが決まっているということです。そのパターンにたまたま沿ったブログ記事があれば、ブログを読むという新しい習慣が増えても負担になりません。

    まとめ

    まとめ

    アフィリエイトにおいて、ブログ記事の投稿時間や曜日を選定することはとても重要です。

    朝や昼の時間帯では、トレンド系や雑記系のアクセス数が伸びやすくなります。また、ユーザーが休日になる日にもトレンド記事が注目されやすいです。

    多くのユーザーが求めているトレンド系でおすすめなのが、映画やドラマ、音楽などのエンタメ系の情報です。近年増加傾向にある月額制サービスを利用するユーザーに向けて発信したい場合は、ドコモアフィリエイトがおすすめです。

    映画をはじめドラマ・音楽・雑誌・漫画などあらゆるトレンド系記事を発信することで、収益につなげることもできるでしょう。

    運営方法を検討する際は「参加パートナー 成功の秘訣」も参考にしてみてください。

    パートナー新規登録はこちら 

    ※スマートフォンをご利用の方は こちら をご覧ください
    ※参加にはdアカウントが必要です
    ※dアカウントをお持ちでない方は こちら から

    新着記事