アフィリエイトは向いていないかもと思う方へ。ブログの収益が上がらない理由とは?

    アフィリエイトは向いていないかもと思う方へ。ブログの収益が上がらない理由とは?

    アフィリエイトをはじめてみたものの、収益が伸びなくて「アフィリエイトは向いていないかも」と不安になっている方もいるのではないでしょうか。

    収益を上げるには闇雲にアフィリエイトを続けるのではなく、収益を上げるためのコツやポイントを理解する必要があります。

    本記事では、一定期間アフィリエイトを続けても収益が伸びないという悩みを持っている方に向けて、しっかり収益を上げられるようになるためのブログの作り方についてご紹介します。

    アフィリエイトは向いていない?

    アフィリエイトの収益がなかなか伸びないのには、さまざまな要因が考えられます。

    近年のアフィリエイトには、個人だけではなく資本力のある企業や何十年とアフィリエイトを続け、ブランド力を備えたアフィリエイターが多く存在します。それら競合の中で、簡単には収益を得られなくなっているのです。

    しかし、だからといってアフィリエイトで収益を上げられないというわけではありません。収益化できているアフィリエイターは全体の約7割になり、この中の一部のアフィリエイターは高収入を得ています。

    出典:「アフィリエイト・プログラムに関する意識調査 2020」(リンク先:https://affiliate-marketing.jp/release/202007.pdf

    アフィリエイトで収益を上げるには、自分の競合となるアフィリエイターについて知る必要があります。競合のブログ内容やWebサイトの運営の方向性などを把握し、それらを避けながらオリジナリティを出すことが大切です。

    アフィリエイトブログで成果が出にくい理由

    アフィリエイトブログで成果が出にくい理由は、主に3つ考えられます。

    ・アクセスが集まりにくいジャンルを扱っている
    ・収益が出るまでには時間がかかることを理解していない
    ・自身のブログ記事の分析や見直しができていない

    一つの理由だけで成果につながってない場合もあれば、複数の理由が重なっている場合もあります。

    アクセスが集まりにくいジャンル・キーワードを扱っている

    アフィリエイトブログは、扱うジャンルを決めてその中でターゲットを明確にして記事を配信します。ジャンルを選定する際、競合を意識しすぎるあまり需要の少ないニッチなジャンルを選ぶ方もいらっしゃるかもしれません。

    専門的な知識を持っており、深い内容を中長期的に発信し続けられるのであれば、コアなユーザーに刺さる記事が書けるため収益につながりやすいでしょう。

    しかし、知識があまりなく競合を避けるためだけに需要の少ないジャンルを選ぶことは逆効果になりかねません。

    仮に自身の得意なジャンルでも需要の少ない記事は、読者の母数がもともと少なく、アクセス数が伸びにくいという特徴があります。コアな分野の情報を必要とする方は一定数いますが、人気ジャンルに比べると成果につながりにくいというのが欠点です。

    ジャンルと同じくらい大切なのは、アフィリエイトで狙うキーワードです。キーワードには、ビッグキーワード・ミドルキーワード・ロングテールキーワードがあります。

    検索ボリューム(月間) 目安の語数
    ビックキーワード 1万以上 1語
    ミドルキーワード 1,000~1万 2語
    ロングテールキーワード 1,000未満 3語以上

    初心者がニッチなジャンルを扱う場合は、競合が少ないロングテールキーワードで記事を書くことがおすすめです。ロングテールキーワードは、複数のキーワードを組み合わせたキーワードで、検索エンジンで検索される回数が少なく、競合が少ないというのが特徴です。

    たとえば、「東京」というキーワードは常に検索件数が多く、検索ボリュームも30万以上にのぼる(2022年1月現在)ビックキーワードです。「東京 宿泊」と2語組み合わせても検索ボリュームが1万7,000件となるため、競合が多いと考えられます。

    「東京 就職」とすると検索ボリュームが2,000件台になるためミドルキーワードに、「東京 就職 中途」にすると検索ボリュームは40件でロングテールキーワードになります。

    ビックキーワードは検索件数が多くユーザーニーズがある反面、競争率が高くなるため上級者向きです。

    収益を得るまでに時間がかかることを理解していない

    アフィリエイトで最低でも月に数万円の収入を目指した場合、それを達成するまでに約半年以上の時間がかかるといわれています。

    収益を得るまでに時間がかかる理由の一つに「アクセス数」が関係しています。
    アフィリエイトの収入を得るには、ブログやサイトへのアクセス数を増やすことが前提ですが、はじめて間もないブログやサイトは検索エンジンにインデックスされていない状態です。そのため、アクセスがほとんどありません。

    検索エンジンにインデックスされるには、サイト内の記事を増やすことが大切です。さまざまな検索ニーズに対応した記事を増やすことで、アクセス数が増えやすくなります。
    つまり、アフィリエイトで収益化を目標にしているのであれば、最低でも半年は続けて記事を増やし、アクセス数を安定させることが必要です。

    記事の分析・見直しをしていない

    アフィリエイト記事は、書いたら終わりではありません。書いた記事がどれくらい見られているか、どれくらいアフィリエイトリンクがクリックされているかなどの分析を行い、必要に応じて改善することが収益を伸ばすために重要です。

    たとえば、記事は読まれているのに成果につながらない場合はユーザーが求めている情報と少しずれている可能性があります。コンバージョン率が一般的な物販で0.1%、会員登録・資料請求・アンケート回収などのリード系で0.8%を切るようであれば、記事全体を見直してみましょう。

    コンバージョン率が低い場合に考えられる原因の一例は以下です。

    ・画像データが重くて表示するのに時間がかかるため途中でユーザーが離脱している
    ・商品の魅力が伝わっていない、もしくは説明がわかりにくい
    ・ブログ内容と企業のランディングページの説明が食い違っている

    記事内に貼り付けている画像データが重い場合、読者のスマホ画面に記事が表示されるまでに時間がかかることがあります。表示速度が遅いと画面を閉じてしまう確立が高くなるため、画像の見直しを行いましょう。

    文章がわかりにくい、誤字脱字が多いなどの問題があり、商品の魅力がうまく伝わらない場合もユーザーの離脱率が高くなる傾向にあります。

    また、ブログで紹介されていた商品に興味を持ち、企業のホームページを確認してみたら紹介されていた内容と食い違っていた場合、ユーザーの購買意欲が下がる原因になります。

    これらの原因で共通していえるのは、「ユーザーの気持ちを理解することが大切」ということです。ユーザー目線で適切なキーワードを設定できているか、競合は同じキーワードでどんな記事を書いているかなどを調査し、リライトしてみましょう。

    アフィリエイトで収益を上げるなら独自サイト

    アフィリエイトで収益を上げるなら独自サイト

    アフィリエイトは無料ブログでもはじめられますが、収益を上げたいのであれば独自サイトを立ち上げることがおすすめです。

    無料ブログは、初期費用や運営費用が必要なく初心者にとってはじめやすいツールです。その一方でサイトのデザインが決められていたり、扱えるアフィリエイトに制限があるなど自由度が低いのが特徴です。

    独自サイトの立ち上げにはレンタルサーバー代やドメイン代などの初期費用がかかりますが、商品ジャンルに合わせたデザインを採用でき、オリジナリティのあるブログを作ることができます。それ以外にも、余計な広告が入らないためスッキリした見た目になるだけでなく、アフィリエイトの収益化を邪魔されないという利点もあります。

    また、独自サイトのテーマにはSEOが強化されたものもあり、初心者でも手軽にSEOを行うことができます。

    独自サイトを作るメリット

    独自サイトを作るには独自ドメインを使用しますが、独自ドメインはWebサイトやブログの住所を表すもので、世界に一つだけのオリジナルなものです。

    独自ドメインを使用している独自サイトは、SEOに有利だといわれています。検索エンジンからの評価基準には、独自ドメインであるかどうかも含まれているため、共用ドメインを用いるより独自ドメインを作るほうがおすすめです。

    また、扱うジャンルを表した文字列や屋号をドメインに組み込むことができるため、ドメインを見るだけでどんな内容のWebサイトなのかがわかりやすくなります。

    ブログで収益を上げるために必要な知識・スキル

    アフィリエイトブログで収益を上げるためには、商品やサービスに関する最低限の知識が必要です。

    また、商品やサービスの魅力を伝えるための熱意を文章にして伝えるスキルを備えることも重要です。ユーザーの気持ちに寄り添い、ユーザーの悩みや問題を解決したいという気持ちを文章で表現することが求められます。

    商品に関する知識

    アフィリエイトブログは、ユーザーにとって有益な情報を提供しているかという点でも検索エンジンからの評価を受けます。アフィリエイトサイト内のブログ記事が、検索エンジンから評価を受けると検索結果の上位に表示されやすくなるため、収益につながる可能性があります。

    商品の特徴や競合商品との違いを明確に把握しユーザーに伝えられるアフィリエイトブログは、有益な情報といえます。それに加え、ターゲット視点でのメリットなどを伝えられると競合との差別化が図れます。

    ライティングのスキル

    アフィリエイトは、ユーザーに商品やサービスの魅力を伝えられるかや購買意欲を刺激できるかが大切です。そのため、商品やサービスに対する熱意も必要です。ただ、「これ、すごく便利です」などの熱意だけでは、ユーザーの気持ちは動きません。

    アフィリエイトは営業職と似た一面があり、アフィリエイターの熱意に加えて、商品の特徴や魅力がユーザーにとってどんなメリットがあるのかを理解させることができれば、ユーザーの気持ちを動かしやすくなります。

    また、読者の心をつかむためには、読者が慣れ親しんだ言葉遣いや言葉選びを行い、伝わりやすい順序で物事を伝える力が求められます。

    「私にはライティングスキルがない」と思っている方も安心してください。文章は書き続けることで、少しずつスキルがアップします。つまり、コツコツとブログ記事を増やすこともライティングスキルを磨く方法となります。

    著作権に関する知識

    ブログで収益を上げるために、知らず知らずに行ってしまうことが著作権侵害になる可能性があります。著作権侵害は知らなかったでは済まされないこともあり、刑事罰を科せられる可能性もあるため注意しましょう。

    アフィリエイトでは記事をたくさん書くことが重要ですが、より早く多くの記事を書こうとして、ほかのWebサイトやSNSから本文や表、画像をコピーしてそのまま自身のブログに使うことは著作権侵害にあたる行為です。

    ほかサイトやSNSの文章を参考にする場合は、引用として提示することで利用できます。ただし、引用元の文章が記事の大半を占めるような構成にはしない、引用元を明らかにする、などのマナーがあるので注意しましょう。

    まとめ

    まとめ

    アフィリエイトに向いていないかもと不安な方も、ご紹介した方法を実践することで収益が上がる可能性があります。決して、向いてないからとあきらめないでください。

    アフィリエイトは、学んだ知識やスキルを活かしながらコツや注意点を理解し実践に移すことが大切です。

    まずは、紹介したコツや注意点を実践してみましょう。

    パートナー新規登録はこちら 

    ※スマートフォンをご利用の方は こちら をご覧ください
    ※参加にはdアカウントが必要です
    ※dアカウントをお持ちでない方は こちら から

    新着記事