アフィリエイターの共通点から学ぶ!こんなブログは成果が出づらい!?

    アフィリエイターの共通点から学ぶ!こんなブログは成果が出づらい!?

    副業として人気があるアフィリエイトですが、収益を上げて成功しているアフィリエイターもいれば、収益を上げられず悩んでいるアフィリエイターもいます。みなさんは、その違いは何だと思いますか?

    実は成功しているアフィリエイターと成果が出ないアフィリエイターには、それぞれいくつかの共通点があります。

    アフィリエイトで成功するために、それらの共通点と収益化しづらいブログの特徴を把握しておきましょう。

    成功しているアフィリエイターに共通すること

    収益を上げているアフィリエイターに共通することは大きく3つあります。

    1つ目はブログやサイトの運営目的が「アフィリエイト収入を得ること」と明確になっていることです。

    日常的に発信する記事といえば、日記のようなものをイメージする方も多いと思います。

    しかしそれだけでは、記事を書いている方自身の興味や関心が内容の中心となってしまい、収益を上げるのには向いていません。

    著名人やインフルエンサーなど知名度がある方の場合は、その方の日常を知りたいと思う読者やファンがいるため、日記のような内容でも興味関心を持ってもらえるでしょう。

    しかし、それ以外の方の場合、ブログやサイトの運営は収益を上げるためと明確にし、ターゲットに向けた記事を配信することが大切です。

    2つ目は記事を楽しんで書いていることです。
    記事を楽しんで書いているかどうかは、言葉や表現の方法で読者に伝わります。「この方の記事は、人間味がないな」と思われると、せっかく有益な記事を書いてもユーザーを獲得できない恐れがあります。

    「このブログを読みたい!」「この記事は楽しい!」と思ってもらえるような内容は、読者がブログやサイトのファンになってくれる可能性も高まります。思っている以上に読者に書き手の気持ちが伝わると思って、記事を書くことを楽しみましょう!

    3つ目は商品を紹介するときに、事実だけではなく体験談や感想を伝えていることです。
    読者が知りたいのは商品のスペックやおすすめポイントだけではなく、使ってみたリアルな感想です。成功しているアフィリエイターは、こうした点もわかりやすく記事にしている傾向があります。

    成果が出ないアフィリエイターに共通すること

    成果が出なくて悩んでいるアフィリエイターには、共通点があります。それはアフィリエイト収入に対する2つの思い込みが原因と考えられます。

    短期間での収益化を求めている

    成果が出ないアフィリエイターの1つ目の共通点は、短期間で収益化できるという思い込みを持っていることです。

    アフィリエイトは記事を書いて発信できる環境が整っていれば、誰でも比較的簡単にはじめられます。新規参入がしやすい分、多くの方が挑戦しています。

    しかし、アフィリエイターの成功体験だけを聞き、収益化するまでの道のりを知らずにアフィリエイトをはじめる方が多いのが現状です。

    一般的に収益が発生するまでには6か月ほどかかるといわれています。収益化するためには、コツコツと記事を書き続ける必要がありますが、それを理解せずに稼げないからと止めてしまうと、アフィリエイトで成果を出すことは難しいといえるでしょう。

    計画的に運用できていない

    成果が出ないアフィリエイターの2つ目の共通点は、計画的に運用できないことです。

    アフィリエイトで収益を出すためには、ブログやサイトを計画的に運用することが大切です。

    しかし、成果が出ないアフィリエイターは、長く続けられるテーマを選んでおらず、さらにブログやサイト運営の勉強をせず、計画を立てないままアフィリエイトをはじめている傾向にあります。

    ビジネスシーンで使われるPDCAサイクルは、アフィリエイトでも大切です。PDCAサイクルとは、計画(PLAN)・行動(DO)・評価(CHECK)・実践/実行(ACTION)を継続して行うことです。

    アフィリエイトにおいても、いきなりサイトを立ち上げるのではなく、まずは計画や調査からはじめましょう。

    どんなジャンルをテーマにするのか、どんな方がターゲットとなるのか、競合はどのような記事を書いているのかといった計画を行ったうえで、競合に対抗するにはどんな切り口の記事をどれくらいの頻度で更新していくのかなどの作戦を立てましょう。

    また、実際に記事を書いて配信を行ったら、発信した記事がどんな方に読まれているのかなどを評価して、次の方法を実践することが大切です。

    収益化しづらいブログの特徴と対策

    収益化しづらいブログの特徴と対策

    これまで成功しているアフィリエイターと成果が出ないアフィリエイター、それぞれの共通点をご紹介しました。

    しかし中には、しっかり計画を立て地道に毎日記事を書いているにもかかわらず、収益化に苦戦しているといったアフィリエイターもいるのではないでしょうか。

    もしかするとその記事は収益化しづらい記事になっているのかもしれません。
    収益化しづらいアフィリエイトブログには、いくつかの特徴があります。その特徴と対策についてご紹介します。

    商品を売り込みすぎている

    1つ目の特徴は、商品の売り込みすぎです。アフィリエイトの目的は、商品を紹介し収益を上げることです。

    しかし、商品を買ってほしいという思いが前面に出すぎていると、押し売りのように感じ、嫌悪感を抱く読者が出てくるかもしれません。自身が読者の立場だったらどう思うかを考えて記事を書くようにしましょう。

    過度の売り込みをしているブログやサイトの事例をご紹介します。

    事例① 見出しごとに広告ボタンが表示されている
    ブログやサイトに興味を持って読み進めたいなと思っても、見出しごとに広告ボタンがあると、内容が頭に入ってこないだけではなく、ブログやサイト全体のイメージダウンにつながる恐れがあります。

    記事を読んでもらいたいというよりは、広告ボタンを押してもらうためだけの記事といった印象を与えかねません。

    記事を書いていると気づかないかもしれませんが、読者の立場になって記事を読み返してみましょう。

    事例② 広告ボタンが目立ちすぎている
    広告ボタンがキラキラ・ピカピカと目立ちすぎていたり、スマホ画面いっぱいに大きく表示されているものがあります。確かに広告ボタンは読者に気づいてもらう必要がありますが、過度に強調しすぎないようにしましょう。

    記事の中心となるのは広告ボタンではなく、記事の内容です。ブログやサイトに訪れてもらっても、いきなり広告ボタンが目に入ると、記事を読んでもらえないまま、読者が去っていく恐れがあります。

    〇商品を適度に売り込みながら、読者の興味を引き付ける対策

    記事は収益化に特化したものばかりではなく、集客を目的とした記事を書くようにしましょう。

    また、記事を書く際は、商品の特徴だけを紹介するのではなく、その商品を使うとどのようなメリットがあるのか、どのような変化があるのかまで伝えましょう。

    広告ボタンやリンクはわかりやすい位置に配置しながらも、記事中にさりげなく貼る程度がおすすめです。

    加えて、たとえばコスメのアフィリエイトを検討しているとします。

    最近のスキンケアにおける悩みを体験談として語り、それを解決するのにおすすめの美容成分とその効果を解説します。そして、その美容成分が配合されたコスメとして最後に商品を登場させると自然な流れになります。

    それに対して、最初から「こんな新商品が出た」「このコスメには〇〇や〇〇といった美容成分が入っているからすごい」といった商品が主軸になっている記事は、売り込み色が強いと感じられる可能性があります。

    ターゲットが不明確

    2つ目の特徴はターゲットが定まっていないということです。アフィリエイトで成果を出すためにはターゲットの設定が大きなポイントとなります。ターゲットが明確になっていないと、最終的には誰にも刺さらない記事になりかねません。

    事例① 事実だけを書いており、共感を得ることができない
    ターゲットをぼんやりと決めるのではなく、身近な方を想定したり、具体的に年齢や性別、年収、家族構成、趣味などを細かく設定することで、読者に共感される記事になる傾向があります。

    商品やサービスの紹介は事実だけを伝えるのではなく、ターゲットを設定して具体的な感想や「あったらいいな」と思ってもらえるような内容を書くことが大切です。

    事例② 自分の日記になっている
    主語がすべて自分になっている日記のような記事は、その記事を読んでいる読者のことを想像できていない可能性があります。

    自身の体験談や失敗談はアフィリエイト記事に活用できますが、同じような悩みや疑問を抱える読者に向けて書くようにするだけでも情報の伝わりかたは変わるでしょう。

    〇ターゲットを設定するための対策

    ブログやサイトを立ち上げるときにある程度ターゲットを絞っておきましょう。

    その後、記事ごとに詳細なペルソナを設定します。ペルソナとは先にご紹介したような年齢や性別、年収、職業、趣味、家族構成など、よりピンポイントにターゲットを絞った読者設定のことです。ペルソナを設定することで、自身の思い込みや先入観ではなく、ターゲットに向けた記事の書きかたやサイト運営を意識できるようになります。

    基本的に、1記事に1ペルソナが理想です。複数のペルソナに向けて発信したい場合は、角度を変えた記事をいくつか用意するようにしましょう。

    記事の内容が薄い

    3つ目の特徴は、記事の内容が薄いことです。読者が知りたい情報が記載されていなかったり、信憑性に欠ける内容の場合、なかなか収益につながりません。本当に信用してもよいのか、商品を売るためだけに書いているのか、書いている方は気づかなくても読者は敏感に感じとります。

    事例①情報の質・文章スキルが低い
    ブログやサイトに訪れても、何年も前の記事であったり内容が更新されていなかったり、誰でも知っているような情報だけでは読者にとって有益な情報とはいえません。記事を読んだ方が「ためになったな」「ここならまた新しい情報を知ることができるかも」と思うような記事であることが大切です。

    また記事に有益な情報を書いているのに、一文が長すぎたり、要点がまとまっていない文章は、読者にとって読みづらい印象を与えてしまいます。誤字脱字が多く文体に一貫性がない文章も、読んでもらえない可能性が高くなります。

    〇記事に信頼感を持ってもらう対策

    読者にとって有益な情報を考えるのが難しいという場合は、まず自身の体験談や失敗談を記事にしてみる方法がおすすめです。

    実際に自身が使ったことのあるものであれば、リアルな体験談としてメリットだけではなくデメリットと感じた点も記載しておくと、信頼感が高まりリピーターの獲得につながる可能性があります。

    体験談は以下のような内容を先に考えておくと、文章を書くのが苦手な方でも比較的書きやすくなります。

    ・購入したきっかけ
    ・商品の情報
    ・実際に使ってみた感想
    ・使ってわかったメリット・デメリット
    ・リピートしようと思うか

    アフィリエイトは続けるほど成果が出やすい!

    アフィリエイトは続けるほど成果が出やすい!

    アフィリエイトは成果を出すまでに時間がかかるため、収益化する前に挫折してしまうアフィリエイターが多くいます。

    特定非営利活動法人アフィリエイトマーケティング協会が行った「アフィリエ イト・プログラムに関する意識調査 2021」によると、 アフィリエイトで月収1,000円未満を得ている方のうち、45.87%がアフィリエイトをはじめて1年未満ということがわかりました。

    アフィリエ イト・プログラムに関する意識調査 2021

    また、月収100万円以上を得ている方のうち、アフィリエイト歴5年以上の方は53.1%を占めています。

    この結果から、アフィリエイトは勉強しながらコツコツと続ければ収益を出せる可能性が十分にあるということがわかります。

    ※出典:「アフィリエイト・プログラムに関する意識調査2021」(リンク先:https://affiliate-marketing.jp/release/202106.pdf

    まとめ

    アフィリエイトで成果を出すためには、ブログやサイトの運営目的を明確にし楽しむこと、そしてコツコツ続けることが大切です。

    またブログやサイトで発信する情報が読者にとって有益であることや読みやすい記事を書くことで、収益アップにつながる可能性が高くなります。

    アフィリエイトで扱う商品も、読者のニーズを満たすようなものを選ぶようにしましょう。

    ドコモアフィリエイトは、音楽や映画、料理やカーシェアなど性別世代を問わず利用されるさまざまなジャンルが揃っているため、収益を上げたいアフィリエイターにおすすめです。

    パートナー新規登録はこちら 

    ※スマートフォンをご利用の方は こちら をご覧ください
    ※参加にはdアカウントが必要です
    ※dアカウントをお持ちでない方は こちら から

    新着記事