誰にもバレずにアフィリエイトを行う方法はある?対策・注意点とは

    誰にもバレずにアフィリエイトを行う方法はある?対策・注意点とは

    自宅でもできる副業として注目が高まっているアフィリエイト。

    アフィリエイトに関心はあっても、「家族や友人にアフィリエイトをしていることを告げた後、すぐに辞めることになってしまったら…」と考えるあまり、なかなかはじめられない方もいるのではないでしょうか。

    また、中には「アフィリエイターとしてある程度の収入を得られるようになるまでは、こっそり活動していたい」という方もいるでしょう。

    ここでは、周囲に知られるリスクを最小限にしてアフィリエイターとして活動するための対策や注意点についてご紹介します。副業としてだけではなく、これから専業としてアフィリエイトに力を入れたいと考えている方も、ぜひ参考にしてください。

    アフィリエイトが副業に向いている理由

    キャッシュレス化の加速化や、テレビ・雑誌での広告に注力している大企業のインターネット広告への予算拡大に伴い、年々拡大していくことが予想されるアフィリエイト市場。

    市場規模の拡大の裏では、副業に向いているジャンルとしても注目が高まっています。なぜ、アフィリエイトが副業に向いていると言われているのでしょうか。その理由について見ていきましょう。

    特別な知識やスキルがなくてもチャレンジしやすい

    アフィリエイトは、プログラミングなど特別な知識やスキルがなくてもはじめられるという特徴があります。

    「でも、アフィリエイト広告を掲載するサイトを作らないといけないのでは?」と思った方もいるでしょう。

    管理画面からWordのように文書入力や画像挿入ができるCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)を活用すれば、プログラミングの知識がない方でも簡単にアフィリエイトサイトを作れます。

    また、InstagramやTwitterといったSNSを活用すると、もっと手軽にはじめられるため、アフィリエイト初心者の方にはSNSの活用が適しているでしょう。

    さらに、アフィリエイトはネットワーク環境さえあれば作業ができるため、通勤時間や仕事の休憩時間などのスキマ時間も有効に活用できるという特徴もあります。

    ジャンルが豊富で楽しみながら活動が継続できる

    アフィリエイト広告にはさまざまなジャンルが存在するため、自分が好きなジャンルや得意なジャンルが選択可能です。

    「収入を増やしたい」という方だけではなく、「本業では得られない楽しさや喜びを副業で感じたい」という方もアフィリエイターであれば楽しく活動できるでしょう。

    また、アフィリエイトはジャンルの種類が豊富だからこそ新しいジャンルにも挑戦できます。副業を通じて、自分の強みを身につけたい方や「自分の得意分野を増やしたい!」という方にもアフィリエイトはおすすめです。

    アフィリエイトで得た知識を本業に活かせる

    アフィリエイトが副業に向いている最大の理由には「アフィリエイトで得た知識を本業に活かすことができる」ということが挙げられます。

    アフィリエイトは、ただアフィリエイト広告を自身のWebサイトやSNSに掲載すれば収益につながるというものではありません。消費者の販売促進を促すための文章力や、これから売上が伸びるであろう商品を選ぶ先見の明が求められます。

    アフィリエイトで学んだことを本業に活かせれば、本業でもさらに飛躍できるでしょう。

    誰にもバレずにアフィリエイトを行う方法はある?

    副業として人気のアフィリエイトですが、周囲に知られずにはじめる方法はあるのでしょうか。具体的な方法についてご紹介します。

    SNSアフィリエイトを行う場合は特定されないアカウント名で行う

    InstagramやLINEなどを使って行うSNSアフィリエイトは、手軽にはじめやすいというメリットがある反面、アカウントが特定されやすいという注意点があります。

    SNSアフィリエイトを行う際には、特定されないアカウント名で活動しましょう。周囲に知られたくない方は、普段使っているInstagramやLINEなどを使ってアフィリエイトを行うことは避けたほうがいいのはもちろんのこと、イニシャルや生年月日をアカウント名に入れることも避けたほうがいいでしょう。

    また、本業と同業種のジャンルを選び、本業で得た知識を投稿してしまうと、職業を特定され、個人が特定される可能性もあります。

    特定されることを避けるためにも、名前、イニシャル、職業など周囲が知り得ている情報については触れないようにすることをおすすめします。

    確定申告時には「特別徴収」ではなく「普通徴収」を選択する

    アフィリエイトで得た所得が年間20万円を超えた場合は、税務署での確定申告が必要です。副業していることを周囲に知られたくない方は、確定申告で住民税の納付方法を選択する際に「特別徴収」ではなく「普通徴収」を選択しましょう。

    普通徴収を選択した場合、副業で得た所得に対する住民税は個人で市区町村に支払うことになりますが、特別徴収を選択すると、本業で得た所得に対する住民税と副業で得た所得に対する住民税を合算して会社が徴収することになります。

    また、市区町村から会社に送られる住民税決定通知書にも、本業で得た所得とは別に「雑所得」としてアフィリエイトで得た所得が記載されます。

    会社に無断でアフィリエイトを行うリスク

    会社に無断でアフィリエイトを行うリスク

    多様な働きかたを認める会社は増えていますが、まだまだ副業を禁止している会社も存在します。

    中には「誰にもバレなきゃ会社に無断でアフィリエイトをしても大丈夫」と考えている方もいるかもしれませんが、会社に無断でアフィリエイトを行う場合、次に挙げるリスクが伴います。

    指導の対象となり社内評価に響く可能性がある

    「副業に関して会社に報告義務があるにもかかわらず報告していなかった」など、規約違反とも受け取れる行為が発覚した場合は、指導の対象となり、社内評価に響く可能性があります。今後、本業でもさらに活躍していきたいと考えている方は、副業をする際には慎重に検討したほうがいいでしょう。

    また、アフィリエイトが本業に支障をきたしていると判断された場合、会社から指導を受けても副業としてアフィリエイトを続けた場合は、懲戒処分を検討される可能性があります。

    経済的理由など、場合によっては副業を許可するケースもあるため、どうしてもアフィリエイトで収入を得る必要がある場合は、上司や人事、会社の代表などに相談したほうが、これらのリスクは避けられるでしょう。

    ちなみに、公務員はいかなる理由であれ、副業は禁止されています。

    同業種の場合は懲戒処分の対象になる可能性も

    アフィリエイトでは、さまざまな種類のコンテンツが取り扱えるため、自分の得意分野で利益を伸ばすことが可能です。そのため、「効率よくアフィリエイトを行うのであれば、本業で得た知識を活かすためにも、本業と同業種のほうがいいのでは?」と考える方は少なくないでしょう。

    しかし万が一、会社にアフィリエイトをしていることが発覚した場合、本業と同業種のアフィリエイト広告を取り扱っていることによって、会社の利益損失につながる行動と判断されてしまう可能性があります。

    最悪の場合、懲戒処分など処分内容が重くなる可能性もあるため、社内で知り得た情報をアフィリエイトで活用することがないようにしましょう。

    アフィリエイターとして活動を続けたい場合は

    「本業をしながら副業としてアフィリエイトも行いたい」「アフィリエイトで結果を残すためにも継続して頑張りたい」という方にとって、アフィリエイターとして活動を続けるためにはどのような方法があるのかご紹介します。

    会社に確認する

    先に説明したとおり、会社に内緒で副業を行うことは、口頭や文書による指導や懲戒処分など、さまざまなリスクが伴います。何より、内緒で副業をしていたことが発覚すると、信頼喪失にもつながるため、本業とアフィリエイトを両立したいと考えている方は、まずは勤務先が副業を認める考えを持っているのか確認してみましょう。

    表向きは副業を推奨していない会社であっても、禁止しているわけではなく、事情によっては認められる場合もあります。

    また、正社員は副業禁止でも、準社員やパート・アルバイトは副業を認めているなど、雇用形態によって判断が異なる場合もあります。

    ただし、中には「副業をすることで本業に支障をきたすのでは?」 と懸念する経営者もいるため、会社から副業の許可を得たら本業はおろそかにしないように心がけることが大切です。

    副業OKの会社を選ぶ

    昨今、ベンチャー企業だけではなく中小企業や大企業の中にも、副業を許可している会社は増え続けています。

    現在務めている会社が副業を禁止しているのであれば、副業を許可している会社へ転職するのも1つの方法でしょう。

    IT系の企業ならば、アフィリエイトを通じて習得した知識が本業に活かせるため、自分自身のスキルアップにつながります。

    アフィリエイトに専念する

    アフィリエイトマーケティング協会の調査によると、10人中7人はアフィリエイトで収入を得ており、働きかたや努力次第では月20万円以上稼ぐことも夢ではありません。

    今以上にアフィリエイトで活躍したいと考える方は、アフィリエイトに専念する方法もあるでしょう。

    ただし、アフィリエイト市場は今後さらに拡大すると予想されているため、活躍の場は広がりますが、その分同じジャンルを扱うほかのアフィリエイターが増える可能性も十分にあります。

    アフィリエイターとして成功するためには、マーケティングの知識やライティングのスキルを身につけるなど、アフィリエイターとしてのスキルアップを目指すことが大切です。

    また、企業と長期契約を締結することで安定して仕事を得られますが、企業と長期契約するには、アフィリエイターとしての実績やスキルが求められます。「SNSでのフォロワー数を増やす」「Webサイトへの投稿数を増やす」など、アフィリエイターとしての認知度を上げる努力を続けることが大切です。

    ※出典:「アフィリエイト・プログラムに関する意識調査 2020年」(リンク先:https://affiliate-marketing.jp/release/202007.pdf

    まとめ

    まとめ

    スマホやパソコンがあればどなたでも手軽に副業としてはじめられるアフィリエイト。

    CMSを使えばプログラミングに関する知識がない方でもアフィリエイトサイトを簡単に作れます。また、ドコモアフィリエイトならSNSだけでもアフィリエイトがはじめられるため、アフィリエイト初心者の方や副業ではじめたい方にも適しているでしょう。

    身元が知られることなくアフィリエイトを行うための対策として、「特定されにくいアカウント名の設定」」「住民税は普通徴収により納付する」などが挙げられます。

    しかし、会社に内緒で副業をすることはリスクを伴うため、アフィリエイターとしての活動を継続したい場合は、会社に相談するか、副業を許可している会社に勤務するほうが望ましいでしょう。

    周囲に知られることを恐れるあまり、確定申告をしないなど正しくない選択をしないように注意しましょう。

    パートナー新規登録はこちら 

    ※スマートフォンをご利用の方は こちら をご覧ください
    ※参加にはdアカウントが必要です
    ※dアカウントをお持ちでない方は こちら から

    新着記事