アフィリエイトのポイントになるSEOとは?基準や対策方法などを紹介

    アフィリエイトのポイントになるSEOとは?基準や対策方法などを紹介

    アフィリエイトをはじめるなら、SEOの理解は欠かすことはできません。

    「SEO」と聞くと難しく感じる方もいるかもしれませんが、SEOのコツをつかめれば、SEOを知らずに試行錯誤するよりも効率よく成果を上げることができます。

    ここでは、SEOと検索エンジンで重要視されていることについてご紹介します。

    SEOとは

    SEO(サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)とは、直訳すると「検索エンジン最適化」です。検索エンジンは、インターネット上の情報を検索するためのシステムで、日本では2大検索エンジンサイトが約9割のシェアを占めています。

    検索エンジン最適化は、ユーザーがインターネットで「知りたいこと」を検索したときに、自分のサイトがほかのサイトよりも検索結果の上位に表示されやすい状態にすることです。SEOは、簡単にいうと検索エンジン対策といえます。

    SEOでは「ユーザー(読者)に対して役立つ記事を提供すること」が重要視されます。ユーザーは「何かしらの悩みを抱えている」可能性が高く、解決するための答えを求めています。

    検索エンジンの対策をすることは、検索結果を上位にし、収益につなげることになります。

    検索エンジンで重要視されている3つの基準「EAT」

    検索エンジンの対策で考えたいのは、検索順位を上げるためにどうしたらいいかということです。そのためには、何を基準に検索順位が決定しているかを知ることが大切です。検索エンジンで重要視されている基準は3つあります。

    検索エンジンの3つの評価基準をそれぞれの頭文字をとり「E-A-T」で表しています。

    ・Expertise(専門性)
    ・Authoritativeness(権威性)
    ・Trustworthiness(信頼性)

    サイトやブログにとって、3つのいずれかまたは複数の評価基準を満たすことで、検索されたときに優位になります。自分の場合はどの項目に該当するかを意識して取り組んでみましょう。

    Expertise(専門性)

    Expertise(専門性)において評価される基準は、主に下記の項目です。

    サイト内の記事(ブログ)のテーマが統一されている
    ユーザーが抱えている問題が解決できる情報
    最新の情報
    情報全体をしっかり網羅している(都合のいい情報だけを掲載していないか)

    サイトやブログに掲載された内容が、ほかにはないもので特化したものか、ユーザーにとって有益に感じるものかどうかを考えるようにしましょう。
    専門性を発揮するためには、ある程度の知識やスキルが必要です。もしくは、リサーチ力に優れ、ユーザーが求める答えを導き出すほどの情報を提示できることが重要になります。

    専門性は、一つの記事だけではなくサイト内に蓄積された記事の量も関係しています。同じテーマの記事が多いことで、サイト全体で専門性を評価されるのです。

    Authoritativeness(権威性)

    Authoritativeness(権威性)として評価される条件は、下記の通りです。

    ほかのユーザーや同じテーマを扱うサイトからの評価が高い
    サイト運営者に社会的認知度がある
    多くのサイトやブログなどでサイト内の記事が紹介されている

    権威性は、第三者から高い評価を受けている情報かどうかが重要になります。専門性にも近いですが、「〇〇の権威」などと表現されるように、その方なら間違いのない情報源だと誰もが納得できることが権威性の条件になります。

    サイト運営者が、論文や書籍などの出版経歴があれば社会的認知度も高くなります。外部サイトから多く引用されるため権威性があるという評価になるのです。

    Trustworthiness(信頼性)

    Trustworthiness(信頼性)として評価される基準は、主に下記の項目です。

    サイトがSSL化(HTTPS)されている
    サイト運営者の情報、または企業情報などが明確に記載されている

    SSLとは、インターネット上の通信を暗号化する技術です。暗号化することで、第三者の不正アクセスを防いだり、サイトが改ざんされるリスクの防止にもつながります。

    また、SSL化されていないサイトは、アドレスバーに「保護されていない通信」という表示が出るため、ユーザーから敬遠されることもあります。

    さらに、誰が情報を提供しているのかを明確にしていないサイトやブログは、ユーザーにとって信頼性の低い情報と認識されてしまいます。

    ユーザーにとって信頼できる情報であることを表すために、サイト内の分かりやすい場所に運営者の情報、または企業情報などを記載しましょう。

    どこかのサイトをそのままコピーしたブログ記事なども信頼性が低くなります。検索エンジンが求めている基準は、コンテンツのオリジナル性です。実際に商品やサービスを購入し使用した実体験に基づいた情報は、ユーザーにとっても有益になるため検索上位に上がりやすくなります。

    検索エンジンで注意すべきYMYLとは

    YMYLとは「Your Money or Your Life」の頭文字をとった略語で、生死に関わる重要な専門的知見を要する情報カテゴリのことです。具体的には、医療・保険・美容・金融・高額商品(ショッピング)などのジャンルを指します。

    近年、多くの方はインターネットを通じて情報を得るようになりました。サイトやブログから得た情報で、ユーザーが生死に関わる危険に遭遇しないために検索エンジンは厳しく管理しているのです。

    ユーザーの健康・財産・安全な生活に大きな損害を与えかねない情報に対して、検索品質評価ガイドラインが設けられています。

    アフィリエイトにおいて、金融・保険・美容・高額商品の成果報酬は高く設定されている傾向にあります。アクセス数を増やすため誇大広告や過剰な表現を使い、問題があると評価された場合は、サイト閉鎖につながることもあります。

    検索エンジン対策としてやるべきこと

    検索エンジン対策としてやるべきこと

    検索エンジンは、3つの評価基準E-A-TやYMYLを重要視していることを理解しつつ、それ以外にも検索エンジン対策としてやるべきことがあります。

    検索エンジン対策としてやるべきことを理解すると、検索エンジンがサイトやブログをインデックスしてくれることにつながります。検索エンジンに登録されれば、検索順位が上がる可能性も高くなるのです。

    タイトルタグ

    タイトルタグ(h1)は、検索結果に出てくるもっとも重要な見出し要素です。この記事に何が書かれているかがわかるよう簡潔に要約したものにしましょう。
    h1に書いてあることによって、ブログに興味を持ってもらえるかが決まることもあるためユーザーの興味をひくことが必要です。

    また、タイトルにキーワードを含むことが重要ですが、長いタイトルでは画面上にすべて表示されません。そのためキーワードは、タイトルの先頭のほうに配置するようにしましょう。

    タイトルは、ユーザーにどんなことが書かれているかを示しているのと同時に、検索エンジンにもどんな記事であるかを示しています。そのため、タイトルにキーワードを入れることが重要になってくるのです。

    ディスクリプション

    ディスクリプションとは、検索したときに表示される、タイトルの下に記載されたページの説明です。検索結果画面で自身のサイトをユーザーに選択してもらうためには、キーワードを含めて80〜120文字程度に簡潔にまとめるようにしましょう。

    文字数を制限する理由は、表示される文字数はPCでは120文字、スマートフォンでは50文字だといわれているからです。キーワードを含む記事内容を冒頭に集中させておくことで、どんなことが書かれているのかを明確にすることができます。

    タイトルだけではなく、その下に表示されたディスクリプションを確認しページに訪問するユーザーも多い傾向にあります。つまり、タイトルと同様にディスクリプションもアクセス数を伸ばすための要素となるのです。

    サイトマップ

    サイトマップは、検索エンジンに新たな記事を登録してもらうために必要なものです。

    サイト運営を継続していると記事数もどんどん増えますが、時間が経過することで、記事の中に古い情報が掲載されたままになるケースや存在を忘れてしまうケースがあります。

    古い情報が掲載された記事は、ユーザーにとって有益な情報ではありません。また、重複している記事が存在することで、サイトの評価を下げてしまう可能性もあります。

    サイトマップはユーザーにとって、どんな記事がサイト内にあるのかを示す地図のような存在ですが、運営側にとってもサイト内を把握するツールとなるのです。

    手動でサイトマップを配置することが難しいと感じている場合には、CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)の機能を利用するとサイトマップを自動化できるため便利です。

    内部リンク

    内部リンクとは、自身のサイト内のページをつなぐリンクを指します。ただ、サイト内のページをつなぐのではなく、関連性の高いページをつなぐことがポイントです。また内部リンクを設置することは、検索エンジン対策として大切なので覚えておくといいでしょう。

    たとえば、ドラマ紹介のページとそのドラマの主演俳優についてのページをつなげたり、ドラマがシリーズものであれば前回までのストーリーを紹介しているページとつなげます。ユーザーは、ドラマの内容が気になる場合もあれば、そのドラマに出演しているキャストのことが知りたい場合もあります。

    関連性の高いページをつなげることで、ユーザーはサイト内のほかのページにも興味を持ちます。SEOにおいて、ユーザーがそのサイトにどのくらい滞在したのかも重要になるため、内部リンクをうまく配置する必要があるのです。

    内部リンクを設置するとユーザーの滞在時間が伸びるだけではなく、クローラーが回遊しやすくなるため検索エンジンにインデックスされる確率も上がります。

    alt属性

    検索エンジンにサイトやブログを登録する際、画像はデータとして登録されません。

    そこで、画像にalt属性を指定します。alt属性とは画像の代わりとなるテキスト情報のことで、画像としてではなくテキスト情報として登録してもらうための手段になります。

    また、画像にalt属性を設定しておくと、ユーザーが通信環境の悪い場所でページを見た場合に、どんな画像が表示されるはずなのかをテキストで表示してくれます。

    そのほか、音声読み上げ機能で画像情報を説明するなどの役割を担っています。

    SEOにSNSは影響するのか?

    SNSは直接SEOには影響を与えませんが、拡散されることや話題になることで集客が期待できます。ユーザーにとっては、SNSも検索エンジンと同じように情報を得るためのツールです。

    SNSで拡散された場合、さらにほかのユーザーが引用や反応を繰り返し、どんどん情報が広がります。多くのユーザーの目に触れることで、SNS以外の外部サイトやブログなどに興味を持ってくれるユーザーの数も増えるのです。

    SNSを活用するには、サイトやブログに掲載した記事を要約する方法がおすすめです。たとえば、夜に投稿した記事の要約を翌日の朝や昼にSNSで発信することで、興味を持ったユーザーがサイトやブログに訪れる可能性があります。

    まとめ

    まとめ

    SEOをできるだけ早く理解し対策を講じることは、アフィリエイトの成果を上げるまでの時間に影響します。

    SEOの重要性を理解していても、初心者にとっては困難に感じることは少なくありません。ブログやサイトを立ち上げて、記事やページを増やすだけでも大変でしょう。

    ドコモアフィリエイトならブログやサイトだけでなく、SNSを使ったアフィリエイトもできるため初心者の方もはじめやすいのが特徴です。

    もし、ブログやサイトではなくSNSでアフィリエイトをはじめることに興味がある場合は、『【今からはじめる人必見】 SNSアフィリエイトのメリットや注意点とは?』を参考にしてみてください。

    パートナー新規登録はこちら 

    ※スマートフォンをご利用の方は こちら をご覧ください
    ※参加にはdアカウントが必要です
    ※dアカウントをお持ちでない方は こちら から

    新着記事