【初心者向け】アフィリエイト記事を量産して検索エンジンを攻略しよう!

    【初心者向け】アフィリエイト記事を量産して検索エンジンを攻略しよう!

    アフィリエイトをはじめたばかりの方の中には、「最初から収入が入ると思っていたら結果がでていない」と思っているケースがあります。これは多くの初心者の方が陥りがちな落とし穴です。

    アフィリエイトは、根気強く継続していくことで成果につながりますが、すぐに成果を出すのは難しいといわれています。

    それは、サイトを作ってもすぐには検索エンジンに登録されない、という理由があるからです。少しでも早く検索上位を目指すためにはSEOを理解しクリック率を上げる必要がありますが、そのためにできることは根気よく良質な記事を増やしていき、賢くアクセス数を増やすことです。

    ここでは、検索エンジン対策やコンテンツ量アップで得られる効果についてご紹介します。

    アフィリエイトをはじめる前に知っておきたい検索エンジンとは

    検索エンジンとは、データベースに蓄積された情報の中からユーザーが求める情報を表示させるシステムのことです。検索結果は、収集してきたWeb情報を解析したものを数値化し、情報としての価値や有用性を総合的に判断したものを数値の高い順番に表示しています。

    アフィリエイトでは、ユーザーが求める情報を知り、どのキーワードがヒットするのかを理解して記事化することが成功への近道になります。

    そのためには、自身のサイトを認知してもらうために検索上位に表示されるようなSEOを実践することが重要です。

    ただ、はじめから完璧な記事やサイトを作ることは難しいので、まずは1日1記事、通算100記事を目標にするなど、小さな目標を一つずつクリアするといいでしょう。

    サイトやブログが検索エンジンに登録される仕組み

    アフィリエイトで成果を上げるためには、継続することがとても大切です。それは、検索エンジンがサイトやブログを登録するまでには時間がかかるからです。この仕組みを理解していないと検索上位を目指すのは難しいので、まずはサイトやブログが検索エンジンに登録される仕組みを知りましょう。

    サイトやブログが検索エンジンに登録される仕組みを語るうえで外せない、クローラー・インデックス・ランキングについて解説します。

    クローラー

    クローラーは、Web上の情報を集め記事を検索エンジンに登録する役割を担っています。

    Web上に存在する多くの記事を検索エンジンに登録するため、複数のクローラーがサイトを動き回っています。

    つまり、クローラーにサイトやブログを見つけてもらうことが検索エンジンに登録されるための一歩になります。

    Webサイトの情報を集めるために、クローラーがサイトやブログを訪れ記事の情報を集めることをクローリングといいます。

    インデックス

    インデックスとは、クローラーが持ち帰った情報を検索エンジンのデータベースに登録することです。

    つまり、サイトやブログを検索エンジンの検索結果に登録してもらうためには、検索エンジンにいち早くインデックスしてもらう必要があります。

    インデックスしてもらうためには、クローラーが自身のサイトやブログを見つけることが第一歩になるため、自分の作ったサイトが検索エンジンにとってわかりやすい構造になっているかが重要です。

    インデックスの流れは以下の通りです。

    ・クローラーがサイトやブログの情報を見つける
    ・クローラーが見つけた情報をカテゴリーごとにわける
    ・カテゴリーごとに情報を保管する

    ここまでで、約1〜6か月かかるといわれています。

    ランキング

    ランキングとは、インデックスされた情報をキーワードごとに最適だと判断された順に位置づけしたものです。

    ランキングされるまでの流れは、まず検索エンジンのAIが導き出すアルゴリズムやさまざまな指標によって、「このキーワードに対して最適な記事はどれか」を選びます。その後、記事を点数化し検索順位に反映します。

    指標には、URLが制作されてからの月日・更新頻度・オリジナリティ・タイトルのキーワードなど、200種類以上あります。

    ただ、これらの指標は日々変化しているので、指標を読み取って記事を作成するのは現実的ではありません。

    ランキングで一貫して重要なのは「ユーザーにとって有益な情報かどうか」を考えた記事作りです。

    正しい記事の量産でアクセスを集めよう

    正しい記事の量産でアクセスを集めよう

    クローラーがサイトやブログの情報を見つけインデックスし、情報を保管するまでには時間がかかります。

    クローラーがクローリングしてくれるのを待っていては、検索エンジンに登録されるまでにさらに時間が必要になる可能性もあります。そこで、アクセスが安定するまではクローラーの接触機会を増やすために記事をたくさん書きましょう。

    サイト内の記事を量産しアクセスを集めることができれば、クローラーがサイトをインデックスする可能性も高くなります。

    ただ、量産だけを目的にほかのサイトやブログをそのままコピペしたような記事では、ペナルティを受けることがあるので注意しましょう。

    ほかのサイトやブログは参考程度にし、必要であれば引用として扱うといった正しい記事の量産でアクセスを集めることが大切です。

    記事を量産するときのポイント

    検索エンジン対策のためには、コンテンツの量を増やすことやそれによりサイトを成長させることが大切です。コンテンツとは、サイトやブログでいう記事にあたるもので、記事をより多く増やすことがポイントになります。

    記事を量産することは、多くのデータを保有することとなり、集めたデータからアクセス分析することも可能です。すると、ユーザーが検索したキーワードや行動が読み取れるようになるため、ユーザーのニーズを把握できるようになり、自ずとSEO強化につながります。

    しかし、記事の量産は思いの外大変な作業なので、記事数を増やすことで苦労する方も多くいるのです。記事数を増やすためのコツを押さえ、効率的に記事数を増やす方法を知っておく必要があります。

    ここからは、記事を量産するときのポイントをご紹介します。

    タイトル・見出しにこだわる

    完璧な記事を書こうとすると時間もかかり、記事数を思うように増やせません。完璧を求めるあまり、せっかく書いた記事も公開せず下書きのまま保管してしまうということもあるかもしれません。

    確かに記事の内容は大事ですが、こだわるのであればSEOの要であるタイトルや見出しに注目しましょう。

    タイトルを重要視することは、SEOの一つです。タイトル内にキーワードを含むことで、ユーザーの検索キーワードと一致しやすくなります。ユーザーが興味を持ち読みたくなるようなタイトルをつけることで、アクセス数も安定する傾向があります。

    少しずつテーマをずらす

    初心者の方が扱いやすいジャンルには、競合も多く存在します。

    また、狙うトレンドやキーワードもほかのアフィリエイターと被ってしまうことが多いことでしょう。

    ほかのサイトやブログとの差別化を図るには、テーマを少しだけずらすことがポイントです。狙うトレンドやキーワードをそのまま利用し、ゴールを別角度に変えると検索エンジンもほかの記事と差別化してくれます。

    たとえば、同じ商品を紹介したとしても訴求軸を変えるようにするのです。そのためには、性別や年齢などペルソナの条件を少しずつ変える、ペルソナはそのままで解決する内容を変えるなどの工夫がおすすめです。

    SNSで拡散する

    アフィリエイトで重要なのは、アクセス数を伸ばすことです。集客を伸ばすことで、多くのユーザーの目に自身のサイトやブログを認識させます。

    SNSは直接SEOに効果を与えませんが、拡散されることで集客につながることが期待できます。ユーザー間で話題になれば、リツートや「いいね」などで反応され、注目を集められます。

    長文記事のブログなどをSNSで投稿するには、ブログ内容を要約してSNSで発信しましょう。たとえば、つぶやき型SNSの場合、投稿できる文字数は140文字、半角で280文字までという制限があります。要約するためのテンプレートをあらかじめ制作しておくという方法もおすすめです。

    また、ビジュアル型SNSなら1枚のイラストにまとめて投稿します。専用アプリなどを利用するとおしゃれで見栄えのある画像に仕上がります。

    SNSの特性やユーザー層を把握し利用すれば、同じテーマでも集客媒体を増やせます。

    慣れてきたら記事の質を上げていく

    記事数が増えると、ユーザーに注目されている記事とそうでない記事にわかれていきます。アクセスの多い記事には、アフィリエイトリンクを配置することや内部リンクを設置し、ほかの記事へ遷移させて回遊率を上げられないか検討しましょう。

    回遊率とは、ユーザーが1回の訪問で何ページ見て回ったかを表します。サイトやブログ内のページをどれだけ閲覧したのかを表すものです。

    「回遊率=PV数÷訪問数」で算出されます。たとえば、ユーザーが閲覧したページ数が100で、訪問数が50の場合は回遊率は2となります。回遊率が高いということは、直帰率が低くユーザーの満足度が高い記事と考えられます。

    一方、あまりアクセス数のない記事は内容の見直しをする必要があります。競合分析やペルソナ分析を行い、記事の情報を新しいものに変更しましょう。

    競合調査の詳しい方法については以下をご覧ください。
    初心者に人気のアフィリエイト商品とは?売り上げを伸ばす方法と商品選びのコツを紹介

    ペルソナ分析の詳しい方法について以下をご覧ください。
    読者がファンになるアフィリエイトサイトとは?記事の書きかたやネタ集めの方法も解説

    まとめ

    まとめ

    サイトやブログを検索エンジンが検索結果に登録するまでに、約1〜6か月はかかるといわれています。

    そのため、根気強く続けることがアフィリエイトにおけるポイントになるのですが、検索エンジンに登録されるまでに、アクセス数を伸ばすための工夫やアフィリエイトについての知識を増やすことも大切です。

    アフィリエイトはすぐに成果が出るものではありませんが、小さな目標を立てながら一つずつクリアしていくことで、きっと成果が出てくるはずです。

    パートナー新規登録はこちら 

    ※スマートフォンをご利用の方は こちら をご覧ください
    ※参加にはdアカウントが必要です
    ※dアカウントをお持ちでない方は こちら から

    新着記事