成果を出しているアフィリエイターが実践していること!成果につながる3つの要因とは?

    成果を出しているアフィリエイターが実践していること!成果につながる3つの要因とは?

    アフィリエイトをはじめてしばらく経つのに、なかなか収益が上がらないと感じている人も多いのではないでしょうか。

    自分にあったジャンルや商品選びはできているのに、なかなか収益につながらない。そんなときは、発信している内容に原因があるかもしれません。

    アフィリエイトの成果を出すためにはいくつかのポイントがあります。ここでは、成果につなげるために押さえておきたい3つのポイントについて詳しくご紹介します。

    3つの要因を押さえれば成果につなげられる!

    アフィリエイトをはじめてみたが、ある程度期間が経ってもなかなか成果を出すことができず、悩んでいる方も多いでしょう。

    実際のところ、アフィリエイターの1か月における平均的な収入は、1,000円未満が16.6%、1,000〜5,000円未満が11.3%、5,000~10,000円未満が6.7%となっており、収入がないという方は約30%います。

    しかしその一方で、1か月に得られる収入が10,000円以上という方も30%ほどいるのです。

    3つの要因を押さえれば成果につなげられる!

    アフィリエイトでなかなか成果が出ないのは、「記事の内容」「サイトの構造」「成長戦略」のいずれかが原因であると考えられます。次の章ではこの3つの原因について詳しく見ていきましょう。

    ※出典:「アフィリエ イト・プログラムに関する意識調査 2020」(リンク先:https://affiliate-marketing.jp/release/202007.pdf

    記事の内容と対策

    読者がサイトをパッと見たときに「この記事は読みにくい」と判断してしまったら、そのまま記事を読み進める確率が下がってしまうでしょう。

    たとえば広告記事ばかり目についたり、文章が読みにくかったりすると、読者が離れることからアフィリエイトの成果を上げるのが難しくなります。

    では具体的にどのような記事を意識すればよいのか、記事内容と対策についてご紹介します。

    バランスを意識した記事

    多くの方に見てもらうサイトにするには、記事全体のバランスを整える必要があります。

    まず広告表示ばかりで内容が薄い記事は読まれにくくなります。スマホをタップしたとき、すぐに広告リンクに触れてしまうようなつくりで、肝心の文章が読めないような記事は敬遠される傾向にあります。

    また「シミが3日で消えた!」などの誇大広告は、薬機法や景品表示法に基づく措置が取られるリスクもあります。読者に正確な情報を伝えるためにも、薬機法や景品表示法を理解したうえで正しい情報を発信しましょう。

    そして記事を書くにあたっては「集客記事」と「収益記事」のバランスを取ることが大切です。

    集客記事とは、サイトや記事へのアクセス増加を目的にした記事で、基本的に広告リンクは配置せずに読者の悩みや欲求に訴求した内容にします。そして収益記事は、商品購入やサービス利用につなげることを目的にした記事で、読者が行動を起こしたくなるような内容や構成を意識します。

    集客記事は、アクセスは見込めますがアフィリエイトの収益にはつながりにくく、収益記事は、アクセスは増えにくいですが収益につながりやすいという特徴があることから、それぞれの特性を生かしてバランスよく記事を書く必要があります。

    たとえば、検索ニーズのバリエーションに合わせて集客記事を増やし、集客記事から関連する商品について書かれた収益記事へとリンクをつなぐ。このように互いの機能を補完することで、読者に商品を購入してもらう流れをつくることができます。

    誰が読んでもわかりやすい文章

    アフィリエイトでは、文章を読むのが苦手な方でも理解できる文章を書くことが重要です。

    立派な文章を書こうとして、難しい表現や専門用語などを使う必要はありません。読者層の設定に合わせ、多くの人が理解できる文章にすることがポイントです。

    具体的にいうと「あれ、それ」といった指示代名詞はなるべく使わないようにしましょう。たとえば「これをつかうと便利」というより「このドライヤーを使うと便利」という表現のほうが、より具体的で読者には伝わりやすくなります。

    また、書き上げた文章を一度声に出して読むと、読みにくい部分にも気づきやすくなります。自身で読んでいてつまずく部分は読者も読むのを止める部分ということですので、離脱につながる恐れがあります。記事を執筆したあとは、ぜひ一度自分の文章を音読してみましょう。

    読者が「読みたい」と思う有益な情報

    アフィリエイトでは、読者が知りたい情報を漏れなく載せることが重要です。ターゲットの読者層は何を求めているのか、その商品やサービスについて徹底した調査をしましょう。

    インターネット上にあるQ&AサイトやSNSで情報収集するのはもちろん、実際にターゲット層となるような友人・知人に話を聞いてみるのもおすすめです。生の声を聞くことで、これまで気づくことのなかった意外な発見があるかもしれません。そのうえで読者のニーズに応えつつ、ほかのサイトではあまり載っていない内容を書くことができれば、価値のある記事になります。

    記事を書くうえでの具体的な調査方法は、商品のターゲットとなるペルソナ分析のほか、キーワード調査もあります。詳しくは以下の記事を参考にしてください。

    読者がファンになるアフィリエイトサイトとは?記事の書きかたやネタ集めの方法も解説
    【キーワード選定のコツ】○○ワードを使ってアフィリエイト収益を上げよう!

    サイトの構造と対策

    アフィリエイトでは、読者が見たときに読みやすい印象を与えることが大切です。読みやすさの重要な役割を担うのが、タグや画像、ディスクリプションなどの要素です。

    ここからは、アフィリエイトサイトの構造の基礎となる、タグや画像、ディスクリプションの扱いかたについて見ていきましょう。

    効果的なhタグの使いかた

    hタグのhは「heading」の略で、見出しを意味しています。
    hタグはただの見出しではなく、検索エンジンに「ここは要点をまとめた見出しだ」と伝える役割があります。

    つまり、hタグは読者に対し見出しを付けて読みやすくする役割以外にも、SEO効果を大きくすることに役立っているのです。hタグをうまく使えば、検索エンジンがWebページの内容を理解しやすくなり、結果的に検索結果に表示されやすくなります。

    そのため、単にキーワードをタグに盛り込むだけではなく、伝えたい内容をうまく盛り込むことが大切です。

    SEOに効果的な画像選定

    アフィリエイトでは画像選定も重要です。内容に関連するふさわしい画像を入れることで、読者によりインパクトを与え、記事の内容も理解しやすくなります。

    また、競合で使われてない画像を使用するとオリジナリティが出るため、検索エンジンからも評価されやすくなります。代替テキスト(alt属性)を設定して画像の詳細情報を記載すれば、画像の情報もテキストで抽出できるようになり、SEOを強化できます。

    さらに高品質な画像のほうが、ユーザーエンゲージメントが高まって検索エンジンに評価されやすくなります。もちろん画像を選定する際は著作権のルールを理解し、利用規約などを確認したうえで画像を選定しましょう。

    注目されやすいディスクリプション

    ディスクリプションとは、検索結果のタイトル下部に表示される説明文のことです。ディスクリプションを見て、記事を読むかどうか判断するユーザーは多い傾向にあります。そのため、ディスクリプションに対策キーワードを入れることで、SEOを強化できます。

    たとえば初心者が「光回線」の情報を知りたいとき、ディスクリプションに「Optical Netowork Unitにおける光回線のスイッチングハブ機能は…」といった専門用語があると、途端に読む気が失せてしまうかもしれません。

    反対に「こちらの記事を読めば初心者でも1分で光回線について理解できます」とディスクリプションに書いてあるとどうでしょうか。特に光回線に関する知識のない方は、その記事を読んでみたいという興味が湧くでしょう。

    このように、ディスクリプションは対策キーワードを用いるだけでなく、ユーザーの興味を引くような文章にすることが大切です。

    成長戦略と対策

    成長戦略と対策

    アフィリエイトを成功させるためには、成長戦略を練ることが重要です。
    具体的な戦略としては「ブランド戦略」「集客戦略」「セールス戦略」の3つがあります。

    一貫したブランド戦略

    ブランド戦略とは、ブログやサイトで一貫したメッセージを発信するための、基礎となるブランディングを行うことです。

    たとえば電子書籍をアピールする際、哲学書を中心とするか、漫画を中心にするかでは、雰囲気も内容もまったく異なります。

    集めたい層を定め、ターゲットを細かく絞ったうえで、どのようなサイトにするのか基礎を決めましょう。そのうえで自分が大切にしているポリシーを定め、軸の通った文章を書き続けることが大切です。

    また、ほかのサイトとは何が違うか、何を大切にしているのかなどを明確化し、読者にわかりやすく提示していきましょう。

    アクセスを安定させる集客戦略

    アフィリエイトではより多くの方に読んでもらえるよう、アクセス数を安定させるための集客戦略が必要です。

    特にアフィリエイトをはじめたばかりのころは集客が見込めないため、記事の量産に力を入れる必要があります。

    しかし、ただ記事を増やすだけではなかなか集客数が伸びないこともあるでしょう。

    そのためSNSアフィリエイトにも挑戦し、フォロー集客にも注力することが大切です。多くの人の目に留まりやすいSNSを利用すれば、ブログへのアクセス数を集めることにもつながります。

    ちなみにドコモアフィリエイトなら、SNSを使ってアフィリエイトをスタートすることもできます。SNSで行うアフィリエイトはどのようなものか、まずは経験してみるのもおすすめです。

    収益につなげるセールス戦略

    アクセスが集まるようになったあとは、アフィリエイト記事から成約につなげるための戦略が必要です。

    たとえば配信時間について考えてみましょう。一般的に朝6〜8時、11〜13時、20〜22時の時間帯は、多くの方がスマホをチェックするため、記事が目に留まりやすいといわれています。

    そして集まってきた読者の性別・年齢層、検索キーワード、時間帯などから、どのような記事が成約に結びつきやすいのか分析しましょう。

    まず、最初に想定したターゲットのニーズと実際の反応にズレはないかを確認します。当初20代をターゲットにしたはずが、40代からの反応がよかったという場合は、その年齢層に合わせて記事の内容を調節する必要があります。

    同じように、当初想定した以外のキーワードで反応があった場合もその理由を推測し、調整したり新しい取り組みを入れたりすることが大切です。

    そして、アフィリエイトでは年月日単位で動きのパターンがあり、ある時期だけ特定のキーワード検索の量が増えるといった特殊な動きも起こります。

    なぜその時期に検索数が増えたのか理由を推測するとともに、それぞれに合わせた取り組みを行っていきましょう。

    また、読まれてはいるけれど成約につながらない記事と、そこまで読まれていないのにコンバージョン率は高い記事もあるでしょう。それらを比較し、どんなタイトルや内容の記事がいいのか、どんなリンクだと効果的なのかを推察し、日々改善していくことが重要です。

    ※出典:「平成 30 年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」(リンク先:https://www.soumu.go.jp/main_content/000644168.pdf

    まとめ

    まとめ

    アフィリエイトをはじめてみたものの、数か月経ってもなかなか成果が出ず、途中で投げ出してしまう方は少なくありません。

    しかし成果が出ない理由は、今回ご紹介した「記事の内容」「サイトの構造」「成長戦略」このいずれかに問題があることが考えられます。それを踏まえたうえで、まずは1日1記事書くといった具体的な目標を持つことが大切です。

    いきなりすべての問題点を解決することは難しいので、まずは自分の記事を分析しながら楽しんで書き続けてみましょう。

    ちなみにアフィリエイトを楽しく続けていくためのコツは、『【初心者向け】アフィリエイトで継続して収入を得るために必要なスキルとは?』でも紹介しています。ぜひこちらの情報も参考にし、成果が出るその日までコツコツと情報を発信していきましょう。

    パートナー新規登録はこちら 

    ※スマートフォンをご利用の方は こちら をご覧ください
    ※参加にはdアカウントが必要です
    ※dアカウントをお持ちでない方は こちら から

    新着記事