アフィリエイトサイトは分析が大切!収益を上げるために知っておきたいポイントとは?

    アフィリエイトサイトは分析が大切!収益を上げるために知っておきたいポイントとは?

    アフィリエイトをはじめたけれど、なかなか収益を上げられないと悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

    でも、諦めないでください。アフィリエイトサイトの分析を行うことで、収益を上げられる可能性があります。

    記事を毎日コツコツと書き続けるだけでなく、アフィリエイトサイトを分析し課題を把握しましょう。

    この記事では、アフィリエイトサイトの分析方法や収益を上げる方法をご紹介します。

    アフィリエイトサイトの分析はなぜ必要?

    アフィリエイトで収益を上げるためには、読者にとって有益な情報を記事にして発信することが大切ですが、それだけではなくアフィリエイトサイトの分析が必要です。

    アフィリエイトサイトの分析とは、読者がどの記事を読み、どのような記事に関心を持っているか、また広告や内部リンク記事をどれくらいの割合でクリックしているかなど、アフィリエイトサイトの実態を把握することです。

    自分では読者にとって有益で必要な情報を発信しているつもりでも、アフィリエイトサイトの分析を行ってみると、読者にとってはそうではないといったケースもあります。

    記事に対する読者の反応を把握することで、自身のサイトの課題や改善のヒントとなります。

    【理解】アフィリエイトサイトの分析で見るべき4つの数字

    アフィリエイトサイトの分析と聞くと難しそうと思うかもしれませんが、見るべき主な数字は4つです。

    4つの数字とは「PV数」「直帰率」「滞在時間」「リンククリック率」です。この4つの数字を把握していると、記事が読者にどのように読まれているのか、今後どのような対策が必要かなど、アフィリエイトサイト運営の重要なヒントを得られます。

    それでは4つの数字についてそれぞれ解説していきます。

    PV数

    PVとはページビューの略語で、記事が閲覧された回数です。「PV数」と似た言葉である「ユーザー数」は、サイトを訪れた人数を表しています。たとえば、1人の読者が3記事見ると、ユーザー数は1、PV数は3になります。

    このようにユーザー数よりPV数のほうが多い場合は、1人の読者が複数の記事を見ていると判断できます。ユーザー数よりPV数が多いということは、1ページだけにとどまらずそのほかの記事も読んでみたいと思わせるサイトであるといえるでしょう。

    直帰率

    直帰率とは読者がアクセスした記事だけを見て、すぐにサイトから離れていった割合です。直帰率が高いということは、検索エンジンなどからサイトを訪れたが、自分が期待した内容ではなかったため、他の記事を読まずにサイトを離れていると考えられます。

    直帰率と似た言葉に「離脱率」があります。離脱率は記事ごとに数字が示されており、その記事を最後にサイトを離れたユーザーの割合を表した数字です。

    直帰率は1記事だけ読んでサイトから離れているのに対して、離脱率は1度の訪問で複数記事を読んだ後、サイトを離れているといった違いがあります。

    直帰率は低いほうが理想的です。直帰率が高いということは読者の興味を引きつけることができていない可能性があるため、記事の内容などを見直すようにしましょう。

    滞在時間

    滞在時間とは読者がそのページにどれくらいの間、滞在していたかを示す数字です。滞在時間が長いほど、読者がその記事に興味を持って読んでいたと判断できるでしょう。また、記事の内容に対する満足度が高いと推測されます。

    一般的に広告を掲載している記事は滞在時間が長いほど、広告をクリックしてもらいやすいため、滞在時間が長くなるような読者を引きつける質のよい記事を書くように心がけましょう。

    一方、滞在時間が短いということは記事を最後まで読まずに、サイトを離れていったと予測できます。どの記事も滞在時間が短いようであれば、記事の内容やサイトの運営方法に課題があるかもしれません。

    滞在時間は記事のボリュームによっても異なります。文字数が多ければそれだけ読む時間がかかるため、滞在時間が長くなるように思いますが、記事の文字数が多すぎると読者は途中で読むことをやめて滞在時間が短くなってしまう傾向があります。

    滞在時間の目安は1,000文字で約1分です。2,000文字なら約2分と考えておくと、滞在時間が長かったのかどうかの1つの判断基準になります。

    リンククリック率

    リンククリック率とは、アフィリエイトのリンクがどれくらいの割合でクリックされているのかを表す数字で、「リンククリック率=クリック数÷PV数」で計算できます。

    PV数が多くてもリンククリック率が低いという場合は、さまざまな要因が考えられます。

    記事の内容とリンク先にある商品やサービスとの関連性が低い
    クリックの箇所がわかりにくい
    リンク先にある商品やサービスの魅力が伝わっていない
    読者に「今すぐほしい」と思わせる要素が不足している

    PV数が多いのに収益が上がらない場合は、上記のような事態を招いていないか分析し、リンククリック率を上げるような工夫が必要です。

    【分析】アフィリエイトサイトの課題を把握しよう!

    分析】アフィリエイトサイトの課題を把握しよう!

    アフィリエイトサイトの分析には、前章でご紹介した4つの数字を把握することが大切です。

    しかしそれらの数字を単体で見るのではなく、数字を組み合わせてサイトの実態を分析すると、サイトの課題を発見しやすくなります。

    アフィリエイト分析結果から課題を捉えるための3つのポイントをご紹介します。

    1つ目はPV数と直帰率についてです。
    PV数が多いということは、多くの記事が読まれており、集客はできているといえます。しかし、PV数が多くても直帰率が高ければ、読者の多くが「これは求めていたものと違う」「欲しい情報がない」とすぐに判断してサイトを離れていると推測できます。

    この場合は集客に課題があるのではなく、記事の質や内容と商品が合っていないなど、記事に課題があると考えられます。

    2つ目は、1つ目に加えて滞在時間が数秒と短いケースです。
    滞在時間が短いということは読者の興味を引くような記事になっておらず、読者がぱっと見て「違う」と判断したと推測できます。

    記事の全体のイメージが読者に合っていない場合もあります。文字だらけの記事、記事の至るところにリンクが貼ってある、読みにくい文章などは、滞在時間が短くなる傾向にあります。

    3つ目は、リンククリック率とPV数についてです。
    リンククリック率はPV数とクリック数で計算するため、PV数と大きなかかわりがあります。PV数は多いのに収益が上がらないのは、紹介する商品に魅力を感じる読者に記事を読まれていない可能性があります。

    PV数だけでは記事がしっかり読まれているのか、読者にとって魅力的な記事になっているのかは判断できません。収益を上げるためには、滞在時間を延ばし直帰率を下げるとともに、リンクのクリック率を上げることが大きなポイントとなります。

    【実践】分析結果を活かして収益を上げる方法

    アフィリエイトで収益を上げるために大切なのは、読者に対して有益な情報を発信することや読者が期待している内容であることを明確にし、短時間でアピールすることです。

    検索エンジンやSNSからサイトに誘導できたとしても、何が書かれているのかわからない、読みにくい、期待したものではない場合は、滞在時間が短く直帰率が高くなります。

    アフィリエイトサイトを分析した後は、分析結果を活かして改善策を考えるようにしましょう。分析結果を活かした収益を上げる方法をご紹介します。

    PV数を上げる方法

    PV数を上げるためにSEOと検索エンジンの仕組みを理解しましょう。SEOとは、検索エンジンで自分のサイトが上位に表示されるための手法です。

    検索エンジン対策を行うには、記事を書く前にキーワードを選定します。自分のサイトの方向性にあったもので、話題になっているもの、長期的に需要があるキーワードを選定するようにしましょう。

    キーワードを選定する際は、自分のサイトと似ている競合記事などから読者のニーズを分析し、自分のサイトに反映させることが大切です。

    競合調査の方法は、『初心者に人気のアフィリエイト商品とは?売り上げを伸ばす方法と商品選びのコツを紹介』をご覧ください。

    また、記事を書くときは読者の「人物像」を設定します。これをペルソナといいます。

    ペルソナ設定の方法は、『読者がファンになるアフィリエイトサイトとは?記事の書きかたやネタ集めの方法も解説』をご覧ください。

    ペルソナを設定する際は、現実とのズレが生じないように、定期的に見直すことが必要です。

    直帰率を下げる方法

    直帰率を下げる方法はいくつかありますが、中でも大切にしてほしいのは、自分の書きたいことを書くのではなく読者に寄り添った記事を書くことです。

    記事の内容がどのようなものであるか明確にするために、目次を設定したり、見たい記事を見つけやすいようにカテゴリ別にわけるのも効果的です。

    また、直帰率を下げるためには複数の記事へ誘導しましょう。記事内に関連する記事のリンクを張り、サイトの回遊率を高めます。

    ここで押さえたいポイントはいくつもの記事を回遊するのではなく、収益記事へと誘導するために記事本文中にリンクを張ることです。この手法はスマートフォンユーザーに効果的です。

    さらに、記事の内容だけではなく、文字ばかりになっていないか、デザインは古くないか、画像は内容にあっているかなど、視覚的に読みやすい記事になっているか確認しましょう。

    滞在時間を延ばす方法

    滞在時間を延ばすためには、記事のタイトルやリード文で記事の内容をわかりやすく的確に伝えることが大切です。記事の内容を伝えたいと思うがあまりに、リード文が長くなることのないように、要点をまとめて書きましょう。

    また結論から書くことによって、読者に読むメリットがあると思ってもらえたり、興味を引きつけられるようになります。

    記事を見た瞬間、読者が読みにくいと感じると滞在時間は短くなり、さらに直帰率は上がってしまいます。特に今はスマートフォンユーザーが多いため、適時改行を入れたり、画像や図を用いたり、読みやすさを意識しましょう。

    リンククリック率を上げる方法

    リンクのクリック率が低い要因として、以下のようなものが考えられるとお伝えしました。

    ・記事の内容とリンク先にある商品やサービスとの関連性が低い
    ・クリックの箇所がわかりにくい
    ・リンク先にある商品やサービスの魅力が伝わっていない
    ・読者に「今すぐほしい」と思わせる要素が不足している

    つまり、リンクのクリック率を上げるには、読者のニーズを汲み取り、読者の意欲を喚起するようなフレーズを沿えてリンクを配置する必要があります。またリンクにも種類があるため、特性に応じた使いかたを意識しましょう。

    クリック率を上げるリンクの使いかたについては、『アフィリエイトリンクは3種類!クリック率を上げるコツやポイントなどを公開』をご覧ください。

    また、そのほかのアフィリエイターが成功している秘訣を知りたい方は、『参加パートナー 成功の秘訣』もご覧ください。

    まとめ

    まとめ

    アフィリエイトで成果を上げるためには、「PV数」「直帰率」「滞在時間」「リンククリック率」といった数字の分析が欠かせません。分析結果をもとに課題を見つけ、解決策を考えることが大切です。

    またアフィリエイトサイトに大切なことは、読者のニーズを満たすと同時に自分に合ったジャンル選びです。

    ドコモアフィリエイト」では、今話題のサブスクリプションサービスを中心に「dヒッツ」「dブック」「dマガジン」など世代を問わず人気を集めるさまざまなジャンルが揃っています。アフィリエイトの収益が思うように伸びないという方は、ぜひ「ドコモアフィリエイト」もご検討ください。

    パートナー新規登録はこちら 

    ※スマートフォンをご利用の方は こちら をご覧ください
    ※参加にはdアカウントが必要です
    ※dアカウントをお持ちでない方は こちら から

    新着記事